親子共倒れ 活かされた脳脊髄液減少症の経験

2013年12月24日
プライベート 13
AMEMAN314025_TP_V4.jpg

父が稀なケースの病気で手術をしました。

父の病名が解かるまで月日がかかりました。

まさに自分と同じく病院めぐりをして奇跡的に見つかりました。

検査すれども異常なし。

しかし明らかに症状が出ていて

日常生活に支障がある状態でした。

僕が「脳脊髄液減少症」になった事で、症状があるのだから

必ずその原因となっているものがあるはず。

色んな診療科をめぐり、ついに病気とは直接関係の無い診療科の

検査にて偶然見つかりました。

結局父が最初に訪れた、診療科の範囲内の病気でした。

つまり、見落とされた上に、誤診されたのです。 


何故見落とされてしまったのか、その1番の理由が、父の病気は誰にでもなりうる病気

しかしその病巣が、本来出来る場所には無かった。

ありえない場所に出来ていたのが原因で

極めて稀なケースの病気であった為に、医師は疑いもせず見落としたのが原因でした。
 

どこの診療科で検査しても異常なし、しまいには精神的なものとされました。

全く自分と同じ道のり。

しかし「脳脊髄液減少症」の経験が活かされたのです。

医師の言葉だけを信じていたら、父の病気を見つける事は出来ず、命を落としていました。

日常生活に支障が出る程の症状があるのだから必ず原因があるはずです。 

患者側の執念で病気を見つける事が出来ました。


「脳脊髄液減少症」ばかりでは無く

他の病気でも、こういう事が現実に起こってしまう。 

患者側が疑いを持つ事の重要性を、改めて身にしみた出来事でした。


父の病気は、誰にでもなりうる病気ですが、 

病巣が本来の出来る場所では無い所に出来てしまった為に

父のような症例は、全国でも極めて珍しく手術が困難になると言われ

まさに手探り状態で行う事になりました。

病巣が出来ている場所は、色んな神経が集中しているところの為

少しの失敗が、その後の障害を作り出してしまう沢山のリスクがありました。

その中に「髄液漏れ」という言葉がありました。

脳の硬膜を傷つけた場合の、リスクの中での「髄液漏れ」でした。

さすがにこの言葉には、敏感に反応してしまいました。 

ドクターはもちろん「そういう時は、すぐに処置します」と言ってくださいましたが、

なんだか胸がドキドキしました。 

本来の病気なら、手術は1~2時間。

しかし父の場合は、手術時間は4時間位の予定。

それよりも、時間が延びる可能性があると言われました。


手術を迎える日まで、父はいつも「生きてこの家に戻ってこれるかな?」

「今、死ぬわけにはいかないんだ!」と言い続けていました。

父の中で、あるトラウマがあったからです。

父の父親、じいちゃんは死ぬはずの無い手術後に、

意識不明となり亡くなった。

なので父は、自分とだぶらせていたのだと思います。

死ぬはずの無い手術、しかし自分にもリスクがあるとナーバスになっていました。

自分の身の回りの整理をしている姿に、複雑な気持ちになりました。


手術当日は、母と病院内で待機する事にしました。

病院玄関を入ると外来用の車椅子が置いてある。それを見てとても懐かしく思いました。

1年前まで自分が乗っていた車椅子。今、こうして広い病院の中を 

歩いている自分が、とても不思議に思いました。


4年前、初めて熱海に向かった時に、長い時間、車椅子に乗っているのが苦痛で 

東京駅の中を、人目もはばからずに、おんぶして連れて行ってくれた父。

自分の家・仕事・財産・人生までも投げ打って病気を治す為に注いでくれた。

この13年間、これらに関しては、愚痴も文句も何ひとつ言わずに黙って

現在まで治していける道に、導いて来てくれました。


しかし発症してから13年間「脳脊髄液減少症」に対して、理解があった訳では無い。

ここまでしてくれた父との間でも、色んな衝突や葛藤の日々だった。

病気を理解する事と息子に対する無償の愛は、別物だと感じました。

その父が稀なケースの病気になり、親子共倒れとなってしまった。

父もまだ若いのに・・・


手術室の前で、父と握手をして見送りました。

手術が終わるのを待っている間に、色んな事を考えていました。

今回の事で今は母がいるが、1人っ子の自分は、

最後の親の世話を出来るのは、自分しかいないのだと・・・

その現実的が叩きつけられ、身の上に降りかかって来る事だと痛感しました。


父の病気は、再発する病気で完治は無い。

今後も再手術が必要になってくる。

一生、病気と闘っていかなければならない。

父も命には関わらない病気とはいえ日常生活や仕事に影響が及ぶ。

早く元気にならなければ、1日も早く社会復帰しなければいけない。 

自分1人で生きていける力を、身につけなければいけない。

父を助けていかなければいけない。

今まで人生をかけて助けてくれたように、

今度は、自分がそれをしていかなければならない。

こんな体でどこまで出来るのか・・・


やるしかないだろ!迷いは無い!一歩を踏み出した己の道を、進むだけだ!

歩けるように回復して本当に良かった。

歩ければ道は開けてくる。

様々な事が、頭の中をぐるぐると駆け巡りました。


ようやく手術が終わり時間を見たら、6時間の手術となりました。

手術室の前でウロウロして待っていた、出てきた瞬間に手を握り締め

「のぞみだよ、解かるかい」と言い、手術後の人が入る個室まで一緒に行きました。

意識が朦朧としていて息苦しそうでした。

全身に浮腫が現れていて辛そうでした。

意識が完全に戻ってからは、何度も血を吐いていました。

僕のブラッドパッチとは、全く別物。その姿を見て恐怖感が募りました。

母は泣いている。


その後、手術説明の為にドクターがいらしたので

手術の経過と結果の話を聞きました。 

当初の予想より、とてもひどい状態ではあったが、手術はうまくいった事

脳との距離が4mm、目とは6mmしか病巣との隙間が無かった事

どこの神経損傷も無く障害は出ない事。

しかし今回の手術だけでは終わらない。再手術が必要になってくる事

とても細かく、質問に丁寧に答えてくれました。


こうして無事手術が終わり入院生活の間は、母と交代で病院に行きました。

食欲が無く点滴生活だったので母がそれを見て、いつも家で飲んでいたコーヒーを

水筒にいれて母がおかずを作り毎日父に届けました。

病院食を全く食べないのに、母が作った物だけは食べていました。

水筒からちびちびと嬉しそうにコーヒーを飲んでいるその姿を見て

こうやって元気を取り戻していくのだと、夫婦のあり方を感じました。

父の車椅子を押し父の世話を出来るようにまで回復できた事が

本当に嬉しいです。

1年前までは考えられなかった事です。

ここまで回復できた事に、ありがたいと思います。


病院に出向いては、グロッキーの毎日でしたが、こうして父が無事に退院して

2人で自宅療養しています。

退院して父の一言「この家に、生きて戻ってこれたな」 

父のほっとした笑顔に、更なる自分に奮起した。

父に「最初に声を掛けたの解かった?」って聞いたら 
  
「お母さんの声しか聞こえなかった」と言いました。

なんだかガッカリしたのと、やはり父には、母が1番なんだと思いました。

共に病気を抱えながらも力強く生きていくぞ。


若くして出会い苦難の多かった両親。

どんな時も、いつも笑顔で、お互いを支え合ってきた。

父も母も両親はすでに他界し、お互いが支えとなっています。 

いつまでも、仲よしでいてね・・・
スポンサーサイト



気に入ったらシェア!

のぞみ
この記事を書いた人: のぞみ
<発症原因>
中学時にいたずらによる椅子引きで
尾骨を骨折する
原因不明の多彩な症状が現れ
寝たきり車椅子生活となる
ドクターショッピングを重ね
脳脊髄液減少症だと
診断確定したのは発症から10年後

<診断・検査・治療病院>
国際医療福祉大学熱海病院

<検査結果>
画像診断より
腰椎から複数の髄液ダダ漏れ
脳下垂・硬膜肥厚・静脈拡張
髄圧一桁・残存率一桁の所見あり
脳脊髄液減少症と診断確定

<再検査>
先進医療が実施され再検査の結果
胸椎からの髄液漏れ有り
診断基準に該当
脳脊髄液(漏出症)と診断確定

<病歴20年・治療後10年・男性>
ブラッドパッチ療法2回
アートセレブ(人工髄液)髄注1回

<治療経過>
発症から20年、治療から10年経過
診断前後の7年間は介助が必要な
寝たきり車椅子生活となりましたが
治療+自己流リハビリを重ねて
多彩な症状は消失しましたが
僅かな頭痛・倦怠感の残存症状があり
共存しながらも社会復帰に至りました
全完治まであと一歩です

コメント13件

コメントはまだありません

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013年12月24日 (火) 17:27

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013年12月24日 (火) 21:12

のぞみ

鍵コメさんへ ☆コメントありがとうございます☆

こんにちは 心暖かいコメントを ありがとうございました 

鍵コメさんが おっしゃる通りかもしれません 完全な人などいないのかもしれませんね

僕達家族にとっても 予期せぬ出来事でした

父は 一生抱えていく病 僕は完治に向かっていける病

生活は より厳しい状態になってしまいましたが 受け入れて生活していきます

鍵コメさんにとっても 良い年になりますように 願っております

本当に ありがとうございました

2013年12月24日 (火) 21:17

のぞみ

鍵コメ(空)さんへ ☆こんばんは☆

姉さん! こんばんは

まったく問題ないですよ 僕の中では きちんと受け入れていますので 大丈夫です

父の事を記事にするか 迷ったのですが 僕の病気と父の存在は 切り離せないものが

僕の中にあるのです 心配かけてごめんね

応援ありがとうございます 必ず 2人で復活します

はい! ちゃんと姉さんの忠告を 心に留めておきます ラジャー!

心温かい コメントをありがとうございました 姉さんは 今まで通り

遠慮せずに 話してくださいね 僕は いつもの僕だからね

待っていますよ メリークリスマス!

2013年12月24日 (火) 21:40

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013年12月25日 (水) 10:31

のぞみ

鍵コメ(ジェ)さんへ ☆お久しぶりです☆

メリー クリスマス! ☆ジェさん☆

お久しぶりぶりで~す! ずっと心配していました まんじゅう喉につまらせたのかな?

島流しにされたのかな?って お元気で良かったです 安心しました ほっ!

あるがままを受け入れるって ものすごいエネルギーがいる事ですよね

ずっと悩み気持ちを整理しながら 色んな葛藤していたのですね

乗り越えていたのですね 散歩も続けていて 

頑張り屋さんのジェさんを 嬉しく思います

父の事 心温かいコメントをありがとうございます 頑張ります

お互いに 今年は変化の年でしたね ジェさんのパワーも たくさん頂いたし

こちらこそありがとうございました 鼻歌まじりで 転ばないでね

来年は もっともっと パワフルおばちゃんに 磨きをかけてね~!

僕も チャラ男から卒業します 

大人の チャラ男に進化します (やっぱり チャラ男かいな)

ジェさん コメントありがとね とっても 嬉しかったです

良いお年を お迎えください (お餅 喉につまらせないでね~!)

2013年12月25日 (水) 13:32

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013年12月25日 (水) 20:04

のぞみ

鍵コメ(み)さんへ ☆メリークリスマス☆

みさん! こんばんは そしてメリークリスマス!

心温かいコメントをありがとうございます

(み)さんも 夫婦愛 家族愛に助けられましたね

家族で 乗り越えるって とても大変ですよね

ご主人もお子さんも 大変だったと思いますが (み)さんの為に助けてくれましたね

うわぁ~! すごいご馳走だぁ~! (み)さん ついに料理に挑戦したのですね

おいしそうなメニューですね 僕 全部好きです その料理 (よだれが・・・)

クリスマスに こんなにたくさんの料理を作り お子さんも喜んだでしょうね

おめでとうございます やったね~ (み)さん!

これを自信にして これからも 少しずつ機会を増やしていけるといいですね

連想ゲームのように キャベツならどの料理が作れるのか ノートに思い出しては書き留めて

食材の安い日にその材料から作ったり 一品ずつ作っていくといいかもしれませんね

焦らずに 少しずつやっていくといいですね

頑張りましたね こうやって 出来る事が増えてくると 嬉しいですよね

良かったですね (み)さんなら 必ず克服できますよ

重たい食材を持って帰れたなんて (み)さんの体も 回復してきましたね

こうやって 良くなってきているんですよ 良かったですね

来年は もっともっと 良くなるように 願っています

(み)さんも 体調を崩さないように よいお年を迎えてくださいね

2013年12月25日 (水) 21:06

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013年12月27日 (金) 01:53

のぞみ

鍵コメ(み)さんへ ☆おはようございます☆

(み)さん おはようございます

お子さんにとっては 楽しいクリスマス会になりましたね (み)さんだけ帰って来たのは

辛かったですね 今は 働けないので そういう所から節約ですよね

その分 足回しするなんて 微笑ましい事です 

今回は 食材からでは無く 今まで ずっと眺めていた調味料からメニューを考えたのですね

それを喜んで いっぱいお子さんが食べてくれた 嬉しいですね

用意をしている間に 「あれ何につかうんだっけ」などと 記憶もあいまいになったり

手順を思い出すのも ひと苦労ですよね でも その繰り返しが大切なのだと思います

メモを見たり 記憶を思い出したりして また ご馳走が出来上がりました

倹約料理でも 立派なご馳走ですよね (み)さんの努力も知らずに あっという間に

食べ終わった事でしょう でも 家族に喜んでもらうって 嬉しいし 頑張って

作って良かったですね 頭の回転を巡らせていく事が これからの(み)さんの課題であり

社会復帰への目標ですね 「元気な頃の自分に戻れるように努力したい」という

(み)さんの その気持ちが大切ですよね その気持ちを目標を持って 焦らずに 少しずつ

取り組んでいけるといいですね この繰り返しをしていると きっと克服出来ると思います

応援しています (み)さん自身の為 家族の為に ゆっくりと頑張ってくださいね

僕も今日は 長時間の勉強会に 参加してきます そのあと打ち上げです

乗り切れるように 挑戦してきます いってきま~す!

2013年12月27日 (金) 09:09

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013年12月28日 (土) 17:56

のぞみ

鍵コメ(み)さんへ ☆こんばんは☆

(み)さん こんばんは! 僕の勉強会と打ち上げは 昨日ですよ あははは

5時間余りの勉強会は さすがに疲れてしまい 居眠りを何度もしてしまいました

でも皆さんは 僕が病気なのを知っていて 受け入れて頂けているので 具合が悪いのか

心配してくれる人達ばかりです そしてその後 その事務所内で打ち上げとなり

皆でスーパーに食材を買いに行き 勉強会に参加していた方で

お店経営している調理師さんがいて 豆乳鍋や からあげや 他にも沢山 作ってくださり

もう美味しくて お腹いっぱいに食べてきました お酒を飲まない僕は嬉しかったです

そして帰りには ある社長さんが 「のぞみちゃんは 疲れているから 車で送ってあげて」と

僕の家の近くに住んでいる人に 頼んでくださり 車で送ってもらい帰ってこれました

なぜか この社長さん いつも僕の事を ちゃんづけで呼ぶのです あははは

でも この方が 僕の事をすごく気遣いしてくださるので とてもありがたいです

頭はかち割れそうに痛いし だるすぎるし 背中の痛みも激痛で 即効 寝ました

まだまだ 会社勤めは 無理だと解かりました 残念!

(み)さんも 自分で料理の勉強会ですね

(み)さんの買った食材 僕の家と同じです 料理も似ていますよ~! 

一つの食材で よくもまあ 使いまわしすると思います でも味付けが違うから

ちゃんと 飽きないで食べれるんですよね (み)さん さすがですね~!

昨晩も 挑戦したのですね 僕もシチューが大好きで よく作ってもらいます

シチューは リメイクし放題になるんですよ 母も大喜び あははは

たとえあたふたであろうと (み)さんは とっても 努力しています 本当に 料理が得意で

大好きなのが 伝わってきます 栄養バランスもちゃんと考えているし すごいです

はい! 僕の母に伝えておきます きっと母は 「のぞみが そういう女性と結婚できると

いいのにね」 と言うと思います 残念ながら 今まで(み)さんのような女性と

出会った事がありません いつか現れてくれるかな どこにいるんだろう あははは

(み)さんは どんどん 料理の勘を 取り戻してきているように思います

覚えていますか? 僕がいつか (み)さんから こんな料理作ってみましたと

聞けるのを楽しみにしていますと言いました こんなにも早く その日が訪れたのですね

本当に 回復して 良くなってきています 少しずつ 元の生活に近づいてきていますね

良かったですね こうやって 自分に自信を持つ事が 「脳脊髄」 の回復の助けに

なりますよね もう 料理が出来ないなんて 言わせないし 言われませんよ

体調を見ながら これからも試行錯誤していきましょう

良かったね ほんとに良かった 当たり前に近づけるって 嬉しいですよね 頑張ってね

2013年12月28日 (土) 20:41

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013年12月28日 (土) 23:26
新ガイドライン策定news(2018年12月~) (4)
ブラッドパッチ療法保険適用決定(2016年) (3)
┗  ブラッドパッチ療法保険適用 (2)
先進医療実施 診断基準(2012年) (1)
学校における脳脊髄液減少症(文部科学省) (1)
子どもの脳脊髄液減少症 (10)
起立性調節障害 (6)
体位性頻脈症候群(POTS) (5)
HSC(ハイリーセンシティブチャイルド) (3)
HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン) (1)
障害年金 (9)
交通事故損害(書籍) (1)
自賠責保険 (2)
マイナンバーカード (1)
脳脊髄液減少症(news) (30)
脳脊髄液減少症(研究) (7)
脳脊髄液減少症(患者) (36)
脳脊髄液減少症(芸能人) (4)
脳脊髄液 (21)
新型コロナウイルス (37)
新型コロナウイルス後遺症 (5)
宇宙飛行士と脳脊髄液の関連 (9)
脳神経 (16)
慢性硬膜下血腫 (2)
医療news (33)
医療機器 (7)
整骨院・整体院・カイロプラクティック事故 (1)
書籍 (4)
健康機器 (1)
サプリメント・健康食品 (7)
医薬品news (20)
┣  薬剤性ジストニア (1)
┣  ベンゾジアゼピン系受容体作動薬 (4)
┣  ベンゾジアゼピン離脱症候群 (1)
┣  リリカ(鎮痛薬) プレガバリン (3)
┣  デパス(向精神薬) (2)
┣  レンドルミン(睡眠薬) (1)
┣  モーラステープ(光線過敏症) (1)
┗  タリージェ(疼痛治療薬) (2)
社会news (8)
朝日 健康・医療フォーラム2019 (4)
脳脊髄液減少症の問題点 (7)
厚生労働省認可病院の現状 (1)
患者の体験による発症原因と症状 (5)
検査方法(熱海病院の参考例) (1)
保存的療法(初期段階治療) (1)
国際医療福祉大学熱海病院にて診断確定 (3)
ブラッドパッチ治療後の安静期間と始動 (2)
┗  ブラッドパッチ治療後の腰痛 (1)
ブラッドパッチ治療後の症状 (24)
アートセレブ(人工髄液)1回治療 (5)
経過観察と苦悩 (35)
心の葛藤 (11)
経済的困難の苦悩 (3)
生活不活発病(廃用症候群) (2)
┗  介護用品が必要となった日常生活 (1)
リハビリ(前半) (14)
リハビリ(後半) (10)
リハビリのまとめ(完結) (1)
リハビリ+α (10)
社会復帰への第一歩 (1)
運動リハビリ(運動療法) (16)
┣  家事はリハビリに最適 (1)
┣  水中ウォーキングの注意点 (1)
┣  イメージトレーニング (1)
┣  体幹スロートレーニング (1)
┣  セロトニン分泌(リズム運動) (2)
┣  エンドルフィン分泌(音楽療法) (2)
┣  デュアルタスク(脳疲労) (1)
┣  体水分循環(頭痛・疲労倦怠感・むくみ) (1)
┣  インターバル速歩(脳疲労・疲労倦怠感) (1)
┣  スロージョギング (1)
┗  ヨガ・太極拳 (3)
サプリメントより食事内容(質)の大切さ (12)
┣  食事療法(アミノ酸・たんぱく質) (2)
┣  アミノ酸・炭酸水・クエン酸・ミネラル (2)
┣  腸内細菌(脳腸相関) (3)
┣  下痢(食事療法・運動) (2)
┣  イミダペプチド(抗疲労効果) (1)
┗  乾燥生姜(体の痛み・冷え症) (1)
糖質制限 (2)
口腔アレルギー症候群(OAS) (1)
サプリメント情報(脳脊髄液減少症) (4)
水分補給・脱水 (9)
カフェイン・アルコール (3)
五苓散の利水効果 (1)
パソプレッシンホルモン(尿量の調整) (1)
天気・気圧・湿度の影響 (8)
気象病・天気痛 (5)
花粉症 (4)
┣  光線過敏症 (1)
┗  寒暖差アレルギー (1)
化学物質過敏症・電磁波過敏症 (7)
慢性連日性頭痛・目の奥の痛み (9)
起立性頭痛 (2)
片頭痛 (8)
労作性頭痛 (1)
耳の冷えによる機能性頭痛 (1)
後頭部と耳の後ろが痛い大後頭神経痛 (1)
頭部アロディニア (2)
┗  頭部抜け毛・白髪・皮膚乾燥 (1)
ベル麻痺 (1)
石灰化上皮腫 (1)
自律神経 (5)
動悸・手の振るえ(振戦)チック症状  (2)
心臓・動脈硬化・スモールハート (1)
高血圧 (3)
微熱・悪寒・高熱 (1)
冷え性・体温調節機能・汗腺機能 (6)
疲労・倦怠感・易疲労 (5)
脳疲労・ブレインフォグ (9)
睡眠障害 (9)
睡眠相後退(前進)症候群 (1)
不眠・過眠・ナルコレプシー(オレキシン) (9)
むずむず脚症候群 (1)
高次脳・視空間認知力低下 (1)
めまい・吐き気・動悸 (4)
眼前暗黒感のめまい (1)
光過敏・複視・霧視・残像・視力低下 (2)
緑内障 (6)
加齢黄斑変性 (2)
目の不調は脳が原因 (12)
┣  眼瞼・顔面けいれん (1)
┣  眼球使用困難症 (2)
┣  中枢性羞明 (3)
┗  アーレン症候群 (2)
聴覚過敏・車酔いとめまい (1)
耳鳴り (4)
耳菅開放症 (2)
外リンパ瘻 (2)
メニエール病 「中耳加圧治療」 (2)
APD・聴覚情報処理障害 (1)
鼻詰まり (1)
味覚 (1)
嚥下障害 (1)
非歯原性歯痛 (1)
口内炎・ヘルペス・口角炎・味覚障害 (2)
歯肉炎・親知らず抜歯・ドライマウス (1)
顔のしびれ (1)
顎関節症・三叉神経痛・噛み締め (2)
慢性上咽頭炎・EAT(上咽頭擦過療法) (2)
咽頭痛・異物感・息苦しさ・期外収縮不整脈 (1)
リンパ扁桃腺の腫れ・下顎と首のしこり (1)
長引く咳・むせる咳・咳喘息との関連 (2)
甲状腺機能亢進症(別名バセドウ病) (1)
帯状疱疹 (1)
座位・起立・労作不耐・末梢神経障害 (1)
胸郭出口症候群 (3)
梨状筋症候群 (2)
頚椎症・ストレートネック (1)
肩・肩甲骨・背中・手足の痛み (4)
トゥレット症候群と不随意運動 (1)
血糖値上昇 (2)
反応性低血糖症 (1)
副腎疲労/副腎疲労症候群 (1)
IgG抗体検査に関する注意喚起 (1)
胃痛・胃液逆流・下痢 (1)
機能性ディスペプシア (2)
過敏性腸症候群(IBS) (2)
潰瘍性大腸炎(UC) (3)
頻尿・膀胱炎 (3)
┣  ED症状 (1)
┗  女性化乳房症(男性) (1)
無痛分娩・帝王切開(硬膜外麻酔) (4)
┣  月経前不快気分障害「PMDD」 (1)
┣  PTSDと腸内細菌 (1)
┗  HPVワクチン (1)
パニック障害 (1)
うつ病・抑うつ状態 (6)
経頭蓋磁場刺激法(TMS) (3)
反復経頭蓋磁気刺激(rTMS) (5)
経頭蓋直流刺激(tDCS) (1)
むち打ち症 (3)
高次脳機能障害 (6)
軽度外傷性脳損傷 (12)
外傷性脳損傷 (4)
遅発性脳障害 (1)
筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群 (55)
小児の慢性疲労症候群 (1)
カルニチン欠乏症 (2)
筋痛性脳脊髄炎/線維筋痛症 (42)
慢性疼痛 (10)
腰痛(慢性痛) (2)
神経障害性疼痛 (7)
複合性局所疼痛症候群(CRPS) (2)
神経疾患(脊磁計) (1)
脊髄刺激療法(SCS) (2)
筋筋膜性疼痛症候群(MPS) (1)
強直性脊椎炎(AS) (10)
筋萎縮性側索硬化症(ALS) (3)
椎間板ヘルニア (1)
パーキンソン病 (3)
認知症・認知障害・アルツハイマー病 (8)
ヘルプマーク (3)
不定愁訴 (5)
インフルエンザ (1)
ドクターショッピング(一部のみ) (8)
コメント受付中断のお知らせ (2)
プライベート (5)
ひとりごと (4)
12月は自分の生き方を振り返る (4)
命とは生きるとは (6)
年末・年始の感謝とご挨拶 (12)
ごあいさつ (1)