2回目のブラッドパッチから1年と4ヵ月、バイオリズムのバランスが崩れると体調悪化

2014年02月15日
ブラッドパッチ治療後の症状 20
PAK58_hartnobenchi_TP_V4.jpg

2回目のブラッドパッチから1年と4ヵ月になりました。
治療を受けてからは、体の痛みは治っていたのですが、ぶり返しが出てしまいました。
この1ヵ月間は上半身の痛みが強かったです。背中、腕、胸が骨の中まで
突き刺さるような痛みと錘を背負っているかのような痛みがずっとありました。
痛いけど、じっとしているのも辛い。
起きているのが辛い重たいだるさに苦しんでいました。

2回目のブラッドパッチをした頃から、低気圧に左右される事が無くなってきました。
どうやら気圧というより、
自分の中のバイオリズム(身体のリズム 感情のリズム 知性のリズム)の周期の
バランスが崩れてくると体調が悪くなるような傾向にあるように感じます。

睡眠 覚醒 体温 尿量 代謝 ホルモン分泌 月経(女性の場合)など
これらは自律神経の影響以外にも、環境の刺激によっても変化していきます。

自分にとって身体のリズムとは運動が入ってきます。
感情のリズムとは人間関係、知性のリズムとは仕事や勉強に当てはまります。
これらが日常生活の中で影響を受けてバランスが崩れてくると、
著しく体調が悪くなってきます。

「リハビリ目的の歩く事で」痛みとだるさが軽減してこれました。
しかし社会復帰に向けての勉強に追い込まれたりして外出が出来る日が減った、
自分の時間が取れなかったり人の予定に合わせる為に自分の体調で動けなかったり
パソコン打ちも普通の人と同じ量をこなすとなれば、倍以上の時間がかかります。
なにごとも継続して出来ないので体を横にして休みながらしか出来ません。

社会復帰に向けて始動していますが、この体調が悪い中でこなして行く事が、
とても負担となっているのが解かります。
身体的には辛いですが、夢と希望に向かっているので心は辛いとは思いません。
機会があれば極力、人と接する事にフォーカスしています。
病気の事は伝えますが、お互いに普通に接します。辛いからといって
病気が理解されにくいからといって、避けるような事はしていません。
  
病気に対しては、同病者さんのような理解は得られません。
しかし、自分の(考え 発言 行動)を相手の方が知る事で「病気を抱えている自分」を、
理解して頂けています。病態を説明するのではなく会話の中で自然と 
自分の生き様が伝わっていき、病気の大変さや苦しみを汲み取って頂けて 
伝わっていきます。それは意識的にやっているのではなく自然と伝わっていきます。
人と会うことは、自分の中の希望が現実感に繋がります。
なので、自分にとっては必要な事なのです。 

人と接する機会が減る事や外出も減り「運動の歩く」という事が、
自分の生活から遠のくとバイオリズムのバランスが崩れてきます。
そうすると負のスパイラルに入り、著しく体調不良に陥ってしまいがちだと
冬場になって解かってきた事です。
天気が悪い日でも体調は良いです。
自分の体の不調の成り立ちが、なんとなく解かってきたそんな日々です。

何事も自分に無理をしたり負荷をかけないと物事がこなせません。
体も心もダメージを受けますが、へこたれません。
社会復帰して自分で生きていける力を身につけたいのです。
この強い信念がある限り何度、失敗しようが心は折れません。
どんなに辛くとも苦しくとも妥協はしません。 
自分が努力をしていなければ、誰からも相手にされずにチャンスも無い。
「脳脊髄液減少症」になり当たり前の生活が出来なくなりました。
当たり前の事が何もこなせなくなりました。
不自由な環境の中、辛い症状を直視するばかりではなく、物の考え方、捉え方、 
見方を変えて、病気を受け入れていく必要性があると思います。 

目標を持って行動する事で「脳脊髄液減少症」を抱えながらでも、
自分の道を歩いていける。道は自分で切り開いていかなければならない。
治療を受けて少しずつ回復してきて、自分が出来る事を 最大限に努力する。
その環境が自分に与えられた喜びがあり、それらを行動に移し活かさなければいけない。
どんなに辛くとも諦めてはいけない。どんなに不自由でも努力は怠ってはいけない。
どんなに苦しくたって這い上がっていかなければいけない。全ては自分の為に。
バイオリズムのバランスを取る事が、これからやるべき事だと感じました。
スポンサーサイト



気に入ったらシェア!

のぞみ
この記事を書いた人: のぞみ
<発症原因>
中学時にいたずらによる椅子引きで
尾骨を骨折する
原因不明の多彩な症状が現れ
寝たきり車椅子生活となる
ドクターショッピングを重ね
脳脊髄液減少症だと
診断確定したのは発症から10年後

<診断・検査・治療病院>
国際医療福祉大学熱海病院

<検査結果>
画像診断より
腰椎から複数の髄液ダダ漏れ
脳下垂・硬膜肥厚・静脈拡張
髄圧一桁・残存率一桁の所見あり
脳脊髄液減少症と診断確定

<再検査>
先進医療が実施され再検査の結果
胸椎からの髄液漏れ有り
診断基準に該当
脳脊髄液(漏出症)と診断確定

<病歴20年・治療後10年・男性>
ブラッドパッチ療法2回
アートセレブ(人工髄液)髄注1回

<治療経過>
発症から20年、治療から10年経過
診断前後の7年間は介助が必要な
寝たきり車椅子生活となりましたが
治療+自己流リハビリを重ねて
多彩な症状は消失しましたが
僅かな頭痛・倦怠感の残存症状があり
共存しながらも社会復帰に至りました
全完治まであと一歩です

コメント20件

コメントはまだありません

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014年02月16日 (日) 21:57

のぞみ

鍵コメ(空)さんへ

姉さん こんばんは! そしてお帰りなさい

何しろ味気ないからね とっても美味しく感じたでしょうね

お腹 大丈夫ですか? ちよっと心配ですね

お腹の風邪をもらってきちゃったのかな?

胃腸障害があると 疲れからも 症状は出やすくなると思いますが

酷いようなら 消化器内科で診てもらったほうがいいですよ

食欲はあるので心配はないと思いますが 症状が心配ですね

何が原因なのかが 解からないのが 不安ですよね

大事に至らなければ よいのですが 姉さんが かわいそうです

我慢しないで 様子がおかしかったら 病院に行ってね

2014年02月16日 (日) 22:38

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014年02月16日 (日) 23:44

のぞみ

鍵コメ(空)さんへ

落ち着いてきて良かったですね 安心しました

そうだよね 一気に 姉さんに色んな事が降りかかってくるから

やはり疲れから出たのかもしれませんね

胃腸ってデリケートだから 神経過敏になると すぐに影響を受けやすいですからね

それでも 動かなければならない立場なので 負担が大きいと思います

ぐっすり眠って 体と心を休めてください

あまり気張らないようにね おかんの辛い所ですが ぼちぼちですよ 

明日には 元気になっていますように おやすみなさい

2014年02月17日 (月) 00:02

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014年02月17日 (月) 09:24

のぞみ

鍵コメ(空)さんへ

姉さん おはようさん

吐き気が治まって良かったですね 薬が変わると それに慣れるまで様子を

見ないといけないし 起きる時間が決まっているので 今日の感覚から

もう少し早めに薬を飲むと フラフラ感が無いと思います 調節してね

その他に変わった症状は出ていませんか? 1ヵ月から2ヵ月位は色々変化も

あるので 用心しながら ぼちぼちとやってね

久しぶりに動くと疲れたでしょう 動くって 大変な事ですよね

そちらも また雪ですか こちらは今日は 猛吹雪で 前が何も見えないし

風も強いから 大荒れの天気ですよ でも僕は 体調はいいです

天気は関係ないみたいです 

姉さんは 安静にしていたので 普段の生活リズムに体が慣れてくるまでは

しんどいと思います 安静を取りつつ 少しずつ動く事に体を慣れさせてね

頑張りすぎないようにだよ 僕も書類作成に頑張りま~す!PCカチャかチャやらなくちゃ

姉さんは充電して 晩御飯に備えてね~!

2014年02月17日 (月) 10:51

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014年02月19日 (水) 10:59

のぞみ

鍵コメ(てん)さんへ ☆初めまして☆

(てん)さん 初めまして コメントをありがとうございます 

テレビで大変な被害状況を知りました

大変な状況の中 お辛い症状を抱えながらの雪かきは 拷問に近いお辛さだと

思います 皆様の生活が取り戻されますよう 一日も早い復旧を願っております

お辛い中 詳しい状況過程をお伝えくださり ありがとうございました

外傷を受けられた年月日は 「脳脊髄液減少症」 を疑われたり 診断される事は 僕と同様に

難しい時代だと思います それ故に 専門外だからと 病院をたらい回しにされたり

症状を訴えても 相手にしてくれなかったりと 早い対処があれば (てん)さんも酷くなる事は

無かったように思われます 拷問に近い治療を受け 医師によって見逃され続けて 治るものも

治りづらくさせられたように思い コメントを拝見していて 胸が痛くなりました

(てん)さんの外傷状況 そして現在までの症状から 「脳脊髄液減少症」 の疑いの可能性が

あるかもしれません 外傷状況から 耳の病気である 「外リンパろう」 の疑いも視野に入れて

みて欲しいと思います {外リンパろう} は 「脳脊髄液減少症」 とそっくりな症状が出ます

耳から 「脳脊髄液」 が漏れる病気です (てん)さんの外傷原因でも発症します

この両方の病気を 合併している場合がありますので ご注意ください

「脳脊髄液減少症」も「外リンパろう」も 専門医でないと 正しい検査 診断 治療が出来ません

(てん)さんが もし検査をお考えであれば 県庁のホームページ もしくは保健福祉部医療推進課に

お問い合わせして 「脳脊髄液減少症」 の検査・治療を行っている病院を お聞きしてみてください

{外リンパろう} についても 専門医のいる耳鼻科でなければ 異常なしと言われますので

ご注意ください このどちらも検査治療できる病院は どうしても 遠方になってしまいます

兵庫県明石市の明舞中央病院 (脳脊髄液減少症) 兵庫県神戸市の新須磨病院 (外リンパろう)

こちらの病院にて可能です もし お住まいの地域に どちらも専門医のいる病院がなければ

どちらも 治療実績のある病院ですのでご紹介させて頂きました 地元 近隣県が望ましいですが

ご参考になさってください 外傷後ずっと体調が悪く 仕事も失い どれだけお辛い歳月だったかと

思うと 本当に胸が痛みます 雪かきをして 気が遠くなるような感じは わかります 

座って起きているのも じっと立っていることさえ辛いのです

僕にも同じ症状があります  この両方の病気は 医師でも知らなかったり 否定されたりします

なので 専門医もしくは 知識 理解を持っている医師でないと 検査もしてくれません

検査をされて 具合の悪い原因が解かり 一日も早く ご回復されるように願っております

2014年02月19日 (水) 19:50

-

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2014年02月20日 (木) 10:38

のぞみ

(てん)さんへ 

(てん)さん こんにちは お返事ありがとうございました

ご家族様のご事情は とても大変な状態であり その中で頑張られていらっしゃる (てん)さんの

お気持ちが伝わってきます また やはり 「外リンパろう」 の症状があるのですね

この病気は 現在 (てん)さんが 通院されていらっしゃる病院でも この病名は出てこなかったと

思います この病気の検査は 普通のCT MRIだけでは 映りませし診断できません

たとえ大きな病院であっても 「外リンパろう」 の専門医でなければ 疑いを持ってくれません

耳鼻科やめまい専門などでも 「異常なし」 と言われてしまいます

(てん)さんの 症状から まずは 「脳脊髄液減少症」 の検査を先に行ってください

なぜなら 「脳脊髄液減少症」 と思われる症状も出ているからです (背中の痛み等)

そして 「外リンパろう」 の治療は 「脳脊髄液減少症」 での髄液の漏れがあれば

先にその漏れを止める必要性があるからです その漏れを止めてから 「外リンパろう」の

治療をするほうが望ましいからです (外リンパろうの医師が申しております)

なので 先に「脳脊髄液減少症」 であるのか 無いのかを確かめて それから外リンパろうの

検査をされると良いと思います (てん)さんのお住まいの地域について 僕も情報が無い為

兵庫県の病院をご紹介させて頂きましたが この二つの病院は お互いに理解がある病院ですので

いやな思いをしないで 治療するにも 適していると思いお伝えしました

地元 近隣県で良い病院があるといいですね 諦めずに探してくださいね

(てん)さんの 拷問とも思える過酷な口のリハビリは 僕でも手加減しちゃいます

きついですね~!(笑) また 社会復帰に向けられ望まれておられるのは 僕も勇気を

頂きました お互いに 同じ目標に向けて始動されているのですね 心強く思います

現在の辛い症状を諦めずに 治せる道があるかもしれません

どうか 「脳脊髄液減少症」 の検査を受けて その後 「外リンパろう」 の検査を受けて

少しでも治る可能性のある方向へ 進んで頂けたらと思っています

方向性があると解かるだけで 希望が持てますよね 元気が出てきましたか? 良かったです

また「脳脊髄液減少症」の可能性があると 脱水が悪化を招きますので 

水分補給が必要になってきますので 念のために1日をかけて

2リットルの水分を こまめに取ってみてください 少し楽になるかもしれません

スポーツ飲料や 温かい飲み物など 利尿作用のないものを摂取してください

諦めずに 頑張ってくださいね またいつでも お越し下さい

くれぐれも ご無理なさらずに お大事にしてくださいね

また コメントが鍵つきでなかったので お忘れになったと思われますので 

非公開とさせて頂きます 承認待ちコメント と表示されていますので ご了承願います

2014年02月20日 (木) 12:38

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014年02月21日 (金) 10:33

のぞみ

鍵コメ(空)さんへ

姉さん こんにちは~!

こちらは めちゃ雪が じゃんじゃん降っています 時折 吹雪いています

でも体調は良いですよ 姉さんも頑張っていますね 

姉さんは これしか出来ていないって言うけど それだけ出来ていたらすごいですよ

なかなか毎日 そこまで出来るのは難しい事なんですから 自信を持ってください

体が慣れて 自然回復が追いついてくれば 今よりも 動けるようになってきます

焦らないようにね 睡眠もうまくいっていますね 目覚めたらすぐに起き上がって

動き出すと具合が悪くなるので 血圧を整える為に 少し布団の中で座って

頭に血液を回るようにした方がいいですね ふらついたり 吐き気やめまい

など起こしやすくなります 横になっているより 頭を上げているのがポイントです

花粉の季節も近づいてきているのですね くしゃみが 頭痛に響くのは辛いですよね

春は待ち遠しいですが アレルギーのある人には辛い季節ですね

姉さんにとっては 家事がリハビリですね ぼちぼちとやってください

暖かくなったら 外の散歩も取り入れて行けるようになるといいですね

体調も安定しているようで安心しました この調子で ゆっくりとちょこっとずつ

進んでいきましょう 暖かいだけでも幸せだよね・・・うらやましい~!(笑)

2014年02月21日 (金) 12:37

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014年02月22日 (土) 05:36

のぞみ

鍵コメ(空)さんへ

姉さん おはようさん! めちゃ早起きでんなぁ・・・ばぁさんか!あははは

自分で ぐっすり眠れた感があるなら大丈夫ですよ 頭や腰の痛みは治療後はしばらく

出たり 引っ込んだりして痛みが出るけど 心配いらないよ そういうものです

そういう時は横になって休んでね 姉さんは どのくらいの時間座っていられるのかな?

自分の症状の中で何が1番辛いですか? なんだか 姉さんなら 少し工夫する事で

もっと動けて行けるように感じるので いつでもいいから教えてね~!

姉さんは 良いおかぁちゃんだね! 自分が辛いのに 家族の心配ばかりして

姉さんにとって 睡眠は大事な事だから 今は 勘弁してもらいましょう

今日は自分のペースでゆっくり出来るね 良かったねぇ~!

布団から出たくない気持ちはわかるけど トイレ我慢したらダメやで いくら水分が

必要だからって いらん水分は出しとってや~! あははは

こちらは今日は 今の所は晴れて日差しが入り あったけぇ~よ!

今年は 雪の量も多くて寒いよ でも それもあと1ヵ月の辛抱だけどね

早く春になって おもいっきり歩きたい 体がなまっちまうよ~!

姉さん すっかりと この病気を受け入れて心も強くなってきたね

そう 神経質にならないのが1番だよ きっと姉さんは 治ると思う

がんばれ~! ほどほどに・・・またねぇ~!

2014年02月22日 (土) 09:46

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014年02月22日 (土) 12:19

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014年02月22日 (土) 13:38

のぞみ

鍵コメ(空)さんへ

姉さん! たくさんコメントをありがとうね 

これだけ書くの大変でしたよね ごめんね!

まず食事について その方法で良いと思います そしてその数字が回復してきたのは

食事を取れるようになってきたからですね 良かったです 15%を切ると自分では

調節できなくなるから 今の数値を維持できるように 少量でも 回数を増やして

食べるようにする事が大事です 食欲が出てきたのはとてもよい兆候ですね

胃が食べ物を受け付けるようになってきてますね 食べる事もリハビリです

耳の状態は 「耳管解放症」 という病気の症状に当てはまってしまいます

自分の声が大きく響いたり テレビや物音が響いて不快になり イライラしたり

耳がつまった感じになったりの症状が出ますが

下を向くと治るという特徴があります なのでそれが治る方法なので 詰まってきたら

下を向いたり 座ったりして治すとよいですね

この病気もマイナーなので 普通の耳鼻科では気づいてもらえないと思いますし

これといって確実な治療法もなく 漢方薬やマッサージなどで回善を試みられるものです

ただ 「脳脊髄」 から これらに似た症状が出ても 不思議ではありません

耳の中にも脳脊髄液は存在しているので その流れや圧の影響を受けやすいので

耳の症状は出やすいのではないかと思います 治療後は回善してきましたよね

という事は この病気にそっくりな症状が 出てしまっているという事になります

頭痛に関しては 動いた後に強くなりますよね ものすごく辛いですよね

しかし しばらくするとスーッと治る時がある もしくはずっと痛いのが続く時もある

これは 僕が歩く練習をしている時と同じ状態です スーッと痛みが引いて治る事に注目すると

実は動くと物凄く痛くなるけれども 回善もするという事です

なので 「動く」 事で 回善が出来るという事に繋がると思います

基礎体力のアップ 基礎代謝のアップ 免疫力アップ そして頭痛 だるさの軽減に繋がり

健康を取り戻すとともに 症状の回善にも役立つと思います

姉さんは 家の中で動けています もちろんそれは めいいっぱい無理をしながらだと

わかっています 今は 自分の中で調節しながら 家事をこなして 準備運動をしつつ

春になったら 外デビューをして リハビリをすると 症状の底上げが出来ると思います

治療を受けて 回善がみられますよね 良かったですね

良くなったり ぶり返したりしながら 底上げされて 半年 1年する内に

もっと良くなってくると思います

買い物に出かけたり おばちゃんの女子会も リハビリになりますからね~!

うんとおしゃべりして ストレス発散して 具合が悪くなったら寝込んで また出かける

こういうのを取り入れて行きながら 実践でのリハビリを目指していきましょう

暖かくなったら 少しずつ進めていくといいですね

なんといっても 姉さんが 前向きにゆったりと構えて望む事が大切です

心が辛くなると 体も辛くなるからね 愚痴聞き役の兄ちゃんは いつでも待ってるよ

これからの姉さんは 医者まかせではなく 自分も治療に参加する事ですね

それも自分の体を使って 治していくんやで~! すごいやんか あははは

お金かからないでぇ~! 姉さんの状態が良くわかりました ありがとね~!

2014年02月22日 (土) 19:56

-

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2014年02月23日 (日) 06:47

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014年02月24日 (月) 09:07

のぞみ

鍵コメ(空)さんへ

姉さん おっはよう~!

治療後でまだ期間が経っていないから そういう症状は出やすいですね 脳圧も治療前より

上がるから 頭痛も耳もだるさも 影響受けてしまいます これらは1ヵ月2ヵ月と月日が

経つと 落ち着いてくるので あまり心配しないようにね 体が順応しようと 

頑張ってくれているから 姉さんも辛抱時ですね 治療後の方が強く出ますからね

毎日症状が出たり引っ込んだり 違う症状が出たり 忙しいものです 

そう その心意気だよ 毎日の症状があるのも避けられない だからいちいち気にしていては

心が落ち込むからね 同じ症状があるなら ある中で 過ごせるように工夫する事

姉さんもちゃんと 自分のペースを作っているでしょ それでい~んです!

姉さん 部活を思い出して! 最初から何でも技が出来た訳ではないですよね

毎日練習して積み上げて 試合に向けて努力していたでしょ

病気も同じです 今日 明日で 症状がゼロになる訳では無いですよね

同じ1日を過ごして行くのなら 症状がある中でも 少しでも動けるようにしていく

努力が必要です コツコツと積み上げていくんですね

そうすれば 今よりも 症状がありながらも 行動範囲が広がり 生活レベルが

アップすると 心も体も楽になってきます ただし最初に踏み込む時が1番辛いです

これを乗り越えれば 体も順応してきます その為には 願望ではなく 決心をする事です

「夏には家族で出かけられようになるといいなぁ~!」 では無く

「よし 夏には家族で 出かけられるようにするんだ! だからそれに向かってリハビリするぞ」

というように 転換する事 試合で勝つぞ という事と同じですね わっかるかなぁ~(笑)

段々 春に近づいてきますね 僕などワクワクしています あったかいってだけて 嬉しいもん

毎日しんどいだろうけど 笑顔やで 笑顔を出せるように たまにはお子さん達と冗談言い合ったり

して 心にも笑顔という栄養を 与えてあげないとダメだよ 笑顔は 1番の薬だよ

出来ないではなく 出来るように工夫するんだよ 僕はいつでも笑っている

辛い時も楽しい時もね 働いていた時に レッスンをガラス越しに見ている女性がいたんだ

その女性にある日話しかけられて お礼を言われたんだ 何かと思ったら その人はうつ病で

悩んでいたけど レッスンで僕がくったくない笑顔をしてハツラツと動いているのを

見ていたら 自分が悩んでいるのが吹っ切れたと そして うつ病が治ったというんだ

だから僕のおかげだというんだよね びっくりしたけど 笑顔って人を元気にもさせられる

薬なんだなぁ~! とその時に思いました 

札幌のパンダは トンチンカンな事も話すから 僕の周りはいつも笑いが耐えないよ

僕は病人でも 1日 1日を大切にすごしているよ 姉さんも 今のペースで頑張るんやで

頑張るとは 諦めないと言うことです トイレにいきた~い! またねぇ~!

2014年02月24日 (月) 11:16
新ガイドライン策定news(2018年12月~) (4)
ブラッドパッチ療法保険適用決定(2016年) (3)
┗  ブラッドパッチ療法保険適用 (2)
先進医療実施 診断基準(2012年) (1)
学校における脳脊髄液減少症(文部科学省) (1)
子どもの脳脊髄液減少症 (10)
起立性調節障害 (6)
体位性頻脈症候群(POTS) (5)
HSC(ハイリーセンシティブチャイルド) (3)
HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン) (1)
障害年金 (9)
交通事故損害(書籍) (1)
自賠責保険 (2)
マイナンバーカード (1)
脳脊髄液減少症(news) (30)
脳脊髄液減少症(研究) (7)
脳脊髄液減少症(患者) (36)
脳脊髄液減少症(芸能人) (4)
脳脊髄液 (21)
新型コロナウイルス (37)
新型コロナウイルス後遺症 (5)
宇宙飛行士と脳脊髄液の関連 (9)
脳神経 (16)
慢性硬膜下血腫 (2)
医療news (33)
医療機器 (7)
整骨院・整体院・カイロプラクティック事故 (1)
書籍 (4)
健康機器 (1)
サプリメント・健康食品 (7)
医薬品news (20)
┣  薬剤性ジストニア (1)
┣  ベンゾジアゼピン系受容体作動薬 (4)
┣  ベンゾジアゼピン離脱症候群 (1)
┣  リリカ(鎮痛薬) プレガバリン (3)
┣  デパス(向精神薬) (2)
┣  レンドルミン(睡眠薬) (1)
┣  モーラステープ(光線過敏症) (1)
┗  タリージェ(疼痛治療薬) (2)
社会news (8)
朝日 健康・医療フォーラム2019 (4)
脳脊髄液減少症の問題点 (7)
厚生労働省認可病院の現状 (1)
患者の体験による発症原因と症状 (5)
検査方法(熱海病院の参考例) (1)
保存的療法(初期段階治療) (1)
国際医療福祉大学熱海病院にて診断確定 (3)
ブラッドパッチ治療後の安静期間と始動 (2)
┗  ブラッドパッチ治療後の腰痛 (1)
ブラッドパッチ治療後の症状 (24)
アートセレブ(人工髄液)1回治療 (5)
経過観察と苦悩 (35)
心の葛藤 (11)
経済的困難の苦悩 (3)
生活不活発病(廃用症候群) (2)
┗  介護用品が必要となった日常生活 (1)
リハビリ(前半) (14)
リハビリ(後半) (10)
リハビリのまとめ(完結) (1)
リハビリ+α (10)
社会復帰への第一歩 (1)
運動リハビリ(運動療法) (16)
┣  家事はリハビリに最適 (1)
┣  水中ウォーキングの注意点 (1)
┣  イメージトレーニング (1)
┣  体幹スロートレーニング (1)
┣  セロトニン分泌(リズム運動) (2)
┣  エンドルフィン分泌(音楽療法) (2)
┣  デュアルタスク(脳疲労) (1)
┣  体水分循環(頭痛・疲労倦怠感・むくみ) (1)
┣  インターバル速歩(脳疲労・疲労倦怠感) (1)
┣  スロージョギング (1)
┗  ヨガ・太極拳 (3)
サプリメントより食事内容(質)の大切さ (12)
┣  食事療法(アミノ酸・たんぱく質) (2)
┣  アミノ酸・炭酸水・クエン酸・ミネラル (2)
┣  腸内細菌(脳腸相関) (3)
┣  下痢(食事療法・運動) (2)
┣  イミダペプチド(抗疲労効果) (1)
┗  乾燥生姜(体の痛み・冷え症) (1)
糖質制限 (2)
口腔アレルギー症候群(OAS) (1)
サプリメント情報(脳脊髄液減少症) (4)
水分補給・脱水 (9)
カフェイン・アルコール (3)
五苓散の利水効果 (1)
パソプレッシンホルモン(尿量の調整) (1)
天気・気圧・湿度の影響 (8)
気象病・天気痛 (5)
花粉症 (4)
┣  光線過敏症 (1)
┗  寒暖差アレルギー (1)
化学物質過敏症・電磁波過敏症 (7)
慢性連日性頭痛・目の奥の痛み (9)
起立性頭痛 (2)
片頭痛 (8)
労作性頭痛 (1)
耳の冷えによる機能性頭痛 (1)
後頭部と耳の後ろが痛い大後頭神経痛 (1)
頭部アロディニア (2)
┗  頭部抜け毛・白髪・皮膚乾燥 (1)
ベル麻痺 (1)
石灰化上皮腫 (1)
自律神経 (5)
動悸・手の振るえ(振戦)チック症状  (2)
心臓・動脈硬化・スモールハート (1)
高血圧 (3)
微熱・悪寒・高熱 (1)
冷え性・体温調節機能・汗腺機能 (6)
疲労・倦怠感・易疲労 (5)
脳疲労・ブレインフォグ (9)
睡眠障害 (9)
睡眠相後退(前進)症候群 (1)
不眠・過眠・ナルコレプシー(オレキシン) (9)
むずむず脚症候群 (1)
高次脳・視空間認知力低下 (1)
めまい・吐き気・動悸 (4)
眼前暗黒感のめまい (1)
光過敏・複視・霧視・残像・視力低下 (2)
緑内障 (6)
加齢黄斑変性 (2)
目の不調は脳が原因 (12)
┣  眼瞼・顔面けいれん (1)
┣  眼球使用困難症 (2)
┣  中枢性羞明 (3)
┗  アーレン症候群 (2)
聴覚過敏・車酔いとめまい (1)
耳鳴り (4)
耳菅開放症 (2)
外リンパ瘻 (2)
メニエール病 「中耳加圧治療」 (2)
APD・聴覚情報処理障害 (1)
鼻詰まり (1)
味覚 (1)
嚥下障害 (1)
非歯原性歯痛 (1)
口内炎・ヘルペス・口角炎・味覚障害 (2)
歯肉炎・親知らず抜歯・ドライマウス (1)
顔のしびれ (1)
顎関節症・三叉神経痛・噛み締め (2)
慢性上咽頭炎・EAT(上咽頭擦過療法) (2)
咽頭痛・異物感・息苦しさ・期外収縮不整脈 (1)
リンパ扁桃腺の腫れ・下顎と首のしこり (1)
長引く咳・むせる咳・咳喘息との関連 (2)
甲状腺機能亢進症(別名バセドウ病) (1)
帯状疱疹 (1)
座位・起立・労作不耐・末梢神経障害 (1)
胸郭出口症候群 (3)
梨状筋症候群 (2)
頚椎症・ストレートネック (1)
肩・肩甲骨・背中・手足の痛み (4)
トゥレット症候群と不随意運動 (1)
血糖値上昇 (2)
反応性低血糖症 (1)
副腎疲労/副腎疲労症候群 (1)
IgG抗体検査に関する注意喚起 (1)
胃痛・胃液逆流・下痢 (1)
機能性ディスペプシア (2)
過敏性腸症候群(IBS) (2)
潰瘍性大腸炎(UC) (3)
頻尿・膀胱炎 (3)
┣  ED症状 (1)
┗  女性化乳房症(男性) (1)
無痛分娩・帝王切開(硬膜外麻酔) (4)
┣  月経前不快気分障害「PMDD」 (1)
┣  PTSDと腸内細菌 (1)
┗  HPVワクチン (1)
パニック障害 (1)
うつ病・抑うつ状態 (6)
経頭蓋磁場刺激法(TMS) (3)
反復経頭蓋磁気刺激(rTMS) (5)
経頭蓋直流刺激(tDCS) (1)
むち打ち症 (3)
高次脳機能障害 (6)
軽度外傷性脳損傷 (12)
外傷性脳損傷 (4)
遅発性脳障害 (1)
筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群 (55)
小児の慢性疲労症候群 (1)
カルニチン欠乏症 (2)
筋痛性脳脊髄炎/線維筋痛症 (42)
慢性疼痛 (10)
腰痛(慢性痛) (2)
神経障害性疼痛 (7)
複合性局所疼痛症候群(CRPS) (2)
神経疾患(脊磁計) (1)
脊髄刺激療法(SCS) (2)
筋筋膜性疼痛症候群(MPS) (1)
強直性脊椎炎(AS) (10)
筋萎縮性側索硬化症(ALS) (3)
椎間板ヘルニア (1)
パーキンソン病 (3)
認知症・認知障害・アルツハイマー病 (8)
ヘルプマーク (3)
不定愁訴 (5)
インフルエンザ (1)
ドクターショッピング(一部のみ) (8)
コメント受付中断のお知らせ (2)
プライベート (5)
ひとりごと (4)
12月は自分の生き方を振り返る (4)
命とは生きるとは (6)
年末・年始の感謝とご挨拶 (12)
ごあいさつ (1)