自律神経失調症 起立性調節障害 片頭痛 うつ病と誤診された脳脊髄液減少症

2014年05月03日
子どもの脳脊髄液減少症 15
PAK85_chidikomarurisu1335_TP_V4.jpg


脳脊髄液減少症の原因と言えば、交通事故(追突事故)によるむち打ち症と

診断されていた患者さんが、発症されているケースが非常に多く見られます。

しかし脳脊髄液減少症になる原因は、交通事故(追突事故)ばかりではありません。


特に子供さんの場合は、体育の授業中でボールが頭に当たった、人と衝突して倒れた、

尻もちをついた、跳び箱や組体操から落ちて、頭 背中 腰を強く打った、柔道 剣道など

スポーツ外傷が原因で、発症するケースが多く見られます。

また自転車事故、車にはねられた、などの事故後に発症が見られます。


朝起きると頭痛 吐き気 めまい 倦怠感 微熱などの症状を訴え、起きられなくなり、

頭痛が継続し鎮痛剤を飲んでも頭痛が治らない。止まらないことから、 

成長期にありがちな片頭痛 自律神経失調症 起立性調節障害 不登校 精神的なものなどと

医師から言われる事がありますが、治療を続けても、なかなか改善されてこないので、

不信感が出てきます。 

上記の病気の症状と、「脳脊髄液減少症」による症状は、非常によく似ています。

しかし現在でも、小児科でこれらの症状から「脳脊髄液減少症」の疑いを、

言ってくれる医師がなかなかいないのが現状です。


また、明らかに外傷を受けた直後に、症状が出る人ばかりではありません。

「脳脊髄液減少症」は原因不明でも発症する場合があります。


「脳脊髄液減少症」の特徴は、起立性頭痛が現れます。

寝ている状態では頭痛は無く、起き上がると頭痛がします。

しかし、起立性頭痛が無い場合もありますので、起立性頭痛が無いからといって、

自分は「脳脊髄液減少症」では無いと、決め付けるのは間違いです。

発症した時は、頭痛や起立性頭痛はありませんでした。

発症の数年後から出現した頭痛でしたが、

頭痛は体を横にしても起きていても、24時間痛みが続いて鎮痛剤は効きませんでした。

こういうケースの場合もありますので、ご注意ください。


発症したのが高校生の時だったので、自律神経失調症 起立性調節障害 うつ病と

診断され信用して治療を受けていましたが、全く改善が無く。10年もの歳月を彷徨い、

苦しみの中で耐え続け、ようやく専門医により「脳脊髄液減少症」と診断されました。

治らないはずです。

起立性低血圧 自律神経失調症 起立性調節障害 うつ病と診断されていたのは、

誤診だったからです。



成長期の子供さんが「脳脊髄液減少症」を発症すると、朝起きられなくなり、

夜はなかなか眠れなくなる。こんな症状になりがちです。

そして頭痛 吐き気 めまい 倦怠感 微熱 貧血のような症状を訴えるようになります。

病院にて、自律神経失調症 起立性調節障害 不登校 心身症 うつ病 

起立性低血圧などど診断されている人の中に、

もしかしたら「脳脊髄液減少症」を発症されている方がいるかもしれません。


友達とふざけあって突き飛ばされた、ボールが頭に当たった、階段から落ちた、

自転車で転んだ、体育の授業中に逆立ちをして倒れた、椅子を引かれて尻餅をついたなど、 

組み体操から転落したなど、外傷を受けた後から症状を訴えていませんか?

自律神経失調症や起立性調節障害の治療を受けても、なかなか症状が治らない。

色々な検査を受けても異常なしと言われて、途方にくれていませんか?

そんな時は、脳脊髄液減少症の症状と照らし合わせて見て下さい。

原因や症状がそっくりではありませんか? 思い当たる事はありませんか?

「脳脊髄液減少症」は、子供でも大人でも誰でもなりうる病気です。

健康な人が突然発症する病気です。 

起立性低血圧、自律神経失調症 起立性調節障害 心身症 うつ病などと

誤診されている人の中に、実は「脳脊髄液減少症」の人が いるかもしれません。
  

子供の脳脊髄液減少症の、診察可能な病院などの情報については、 

こちらをクリックしてご覧ください→脳脊髄液減少症・子ども支援チームの患者会があります。

こちらでは、子どもの脳脊髄液減少症患者さんの情報が豊富です。

また、子どもの脳脊髄液減少症に関する情報の冊子なども購入できますので、

小学生から高校生までの患者さんの親御さんは、ご参考にされると良いと思います。
スポンサーサイト



気に入ったらシェア!

のぞみ
この記事を書いた人: のぞみ
<発症原因>
中学時にいたずらによる椅子引きで
尾骨を骨折する
原因不明の多彩な症状が現れ
寝たきり車椅子生活となる
ドクターショッピングを重ね
脳脊髄液減少症だと
診断確定したのは発症から10年後

<診断・検査・治療病院>
国際医療福祉大学熱海病院

<検査結果>
画像診断より
腰椎から複数の髄液ダダ漏れ
脳下垂・硬膜肥厚・静脈拡張
髄圧一桁・残存率一桁の所見あり
脳脊髄液減少症と診断確定

<再検査>
先進医療が実施され再検査の結果
胸椎からの髄液漏れ有り
診断基準に該当
脳脊髄液(漏出症)と診断確定

<病歴20年・治療後10年・男性>
ブラッドパッチ療法2回
アートセレブ(人工髄液)髄注1回

<治療経過>
発症から20年、治療から10年経過
診断前後の7年間は介助が必要な
寝たきり車椅子生活となりましたが
治療+自己流リハビリを重ねて
多彩な症状は消失しましたが
僅かな頭痛・倦怠感の残存症状があり
共存しながらも社会復帰に至りました
全完治まであと一歩です

コメント15件

コメントはまだありません

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014年05月07日 (水) 01:32

なみ

こんにちは先日はありがとうございました(=^ェ^=)

体調の不安定ななかいつもありがとうございます(^^)
そちらはまだ雨でしょうか?

今日はこちらは天気が良いのに、ダメです。
買い物に行きたいのですがT^T
諦めてゴロゴロします(^^;;

昨日仕事で、身体を動かす作業だったからでしょうかT^T

明日です病院(=^ェ^=)
姉がコピーしてくれた書類に書いてみました。
明日紹介状は貰えないかもしれませんが頑張ります(^^)

またまた質問なのですが、
私はかなり尾てい骨が出ています。

今のぞみさんが想像したよりも出ているとおもいます(^^;;ふふふ

親しい友達に触ってもらうとビックリされます(^^)

良くかがむ時などぶつけます。ガーンと星が見える感じで
動けません。。

何てことない壁や、椅子の背もたれ、柱…
もちろん寝ている時に痛くて起きる事もあります。夢で削る手術をするのを何度もみました(^^;;

小、中、高と体育のときの体育座りはビリビリして褥瘡ができました
T^T

腹筋なんてもってのほか(^^;;なんです。。

気を付けて生活していますが、ぶつけますT^T

特に脱衣所が狭く、洗濯をする時にお風呂のドアや、脱衣所のドアノブにやってしまいます。。ガーンと。。

これもやっぱり尻もちをついた様なものと同じ衝撃があるのでしょうか?
あと背骨が曲がっています(^^)
これは自転車にはねられたからかなと思っています。

長々とすみません。。明日頑張ります(^^)

2014年05月07日 (水) 15:01

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014年05月07日 (水) 17:09

のぞみ

鍵コメなみさんへ

なみさん こんにちは!

どうしても体を動かす作業は影響があり 具合が悪くなります

そうなると 天気に関係なく 体調が悪くて動けなくなりますね

横になって休むしか出来なくなります 辛いですよね 

ご質問についてですが それは痛いですね 痩せて脂肪が少ない人はよくそのように言います

僕の亡くなったばぁちゃんも なみさんと同じで人より出ていたので いつも座ると痛いと

言って ドーナッツクッションを使用していました 寝ても座っても痛いとよく言っていました

それだけ 度々ぶつけていると 衝撃がきますよね 目から☆が出ますよね

まさかそんな衝撃くらいで と思うかもしれませんが 尻餅に近いものはあるかもしれませんね

どこにリスクが潜んでいるかは 解りません 気をつけないといけませんね

夢に見るくらいなので 相当 痛いんでしょうね お辛いですね

いよいよ明日ですね~ 緊張しているでしょう 

うまく事が進むと良いですね 僕も祈っています 当たって砕けろですよ!

2014年05月07日 (水) 19:01

のぞみ

鍵コメ空さんへ

姉さん こんばんは~ お返事が遅くなり ごめんね ごめんね~!

はい!ちゃんとコメント届いていますよ あれから眠れたんだね 良かった

ラベンダー畑の夢でも見れるといいんだけどね~

姉さん スマホだから PCで見た時と画面が違うと思うけど

PCの画面では 姉さんが送信してくれたコメントは鍵つきで記載されて

いますので 送信したかどうか確認できますよ 返事が遅いから心配になったんでしょうね

シュミレーションに行っていました ごめんね

今日は お花植えたんですね どんな花が咲くのかな~

体調が良いとたくさん動けるようになってきましたね 

そうして どんどん体を動かして起きている時間を増やしていってください

今 体力をつけて 梅雨の時期や夏場に備えておかないとね

体調に波はあるでしょうが 順調に回復傾向にあると思いますよ 良かったですね

前向き思考がとてもいい方向に向いていますね その調子で乗り切っていきましょう

家事に追われて グッタリだと思います 休みながら明日に備えてください

僕は これからボクシングの試合を見ます 楽しみ~!

2014年05月07日 (水) 19:28

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014年05月07日 (水) 21:00

なみ

おはようございます(=^ェ^=)
シュミレーション後のお疲れのなか
お返事ありがとうございました。

私、痩せているわけではないのです(^^;;


骨が太い…骨格がしっかりしている…と言った感じです(^^;;
赤ちゃんのときに
この子は骨格がしっかりしてると先生に言われたそうですよ(^^;;女の子なのに…

鎖骨にお風呂でおゆをためれます!
子供達が良く遊んでます(^^;;って話ではなくて(=^ェ^=)

尾てい骨はなんやかんやで骨太のため出てる感じなんです(^^;;
ほんとにけして痩せてませんよ(*^^*)

円座マクラいいですよね〜
私は母乳あげるときに使った円座クッションを使っています(=^ェ^=)

角などには赤ちゃんぶつかり防止みたいなものを貼っています(^^)
何だか
どうでもいいような話しですね(^^;;
今日はがんばってきます(^^)









2014年05月08日 (木) 08:35

のぞみ

鍵コメ(み)さんへ

みさん こんにちは 今日も仕事ですね

みさんの職場は 僕も出入りした事があります とても掃除が行き届いていると

いう印象がありましたよ

なので みさんのお仕事が とても大変なのかは解ります

この病気が原因で出る 記憶障害や方向音痴など 仕事をする上で とまどいもあると思います

その場で指導してくれる 先輩達で助かりますね 覚えが悪いのではなく 病気の症状から

くるのですから メモをとりながら工夫すると 良いかもしれませんね

ここまではやった 次はここから~とかね 小さいメモとえんぴつをポッケにしのばせてね

周りの人達には こういう症状が出る事も 理解されない中で とてもプラス思考で

頑張っていますね そうです 頭の体操だと思って ひとつずつ覚えて 同じ失敗はおこすまい

そう心がけて 受け入れる事ですよね 悲観なんてしていたらダメですよ

自分の為に 失敗を受け入れながら努力していきましょう 新人の登竜門ですね 

ボクシングが好きな理由は 実は 高校生の時に僕はボクシングをやっていたのです

しかし そのボクシングが原因で この病気になりました 

病気になってしまったけど やはり好きです 見ていると勇気が出てきます 

僕の宝物に 働いていた時に 元世界チャンピオンの具志堅用高さんとお会いする機会がありまして

一緒に写真を撮って頂き サインを頂きました これを見て ずっと病気と闘ってきました

僕の青春でもあり ボクシングは 良くも悪くも自分の中の原点です

倒れても立ち上がる 最後まで諦めない この病気と闘うのと一緒ですね

みさんも 今回 万が一 本採用を見送られても また 次へと挑戦してくださいね

今の自分に出来る範囲 出来る事をね 応援しています 

自分が行った努力は 決して自分を裏切りません その努力が次に繋がっていきます

いつでも プラス思考ですよ がんばれ!

2014年05月08日 (木) 09:17

のぞみ

なみさんへ

なみさん おはようございます いよいよ今日ですね

あはは 痩せている訳ではないのですか? そういう事にしておきましょうか

僕も人より 関節が出ている方です なので想像できますよ

色んな工夫をして防止しているのですね わかる~!

お湯をためられるなんて それは お子さん達にうけますね~ あははは

さあ どう結果が出るのか ドキドキでしょうが 頑張って気をつけて いってらっしゃいませ!

2014年05月08日 (木) 09:28

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014年05月08日 (木) 18:46

のぞみ

鍵コメみさんへ

みさん こんばんは! お仕事お疲れ様でした

そうでしたか みさんはとても努力されたと思います それを笑いに変えてバネに

出来るところが とてもいいですね!今はどこも厳しいご時世です 

僕など書類選考で落ちると思いますよ 社会経験が ゼロに等しいですからね

これで終わりではありません 負けてなんていられないですよね 次にチャレンジですね

ボクシングのTV 良かったですよ 僕は勝ち負けというより 選手の闘う姿勢

集中力 苦しい時の自分との闘い その精神力が伝わってくるのが好きなのです

明日は 体を休めつつ 満期まで勤め上げてください そして次へのステップですね

みさんなら 大丈夫です 笑顔で行こうね~ 合言葉 誠に残念でした(笑)

2014年05月08日 (木) 19:44

なみ

行ってきました(^O^)

今日は紹介状は、書いてはありませんでした。。
が!
今度MRIを撮りその結果で
脳下垂などがあっても、無くても書いてはくれるそうです…>_<…

前の先生に相談した所、本人が希望しているならいいのではと、言われたそうです(^^)

若い先生は、
この脳脊髄液減少症はなかなか珍しいのでMRIをみてみたい
と言うようなことをおっしゃっていました(=^ェ^=)

次は16日です!早めに取ってくれました。MRIを撮り直ぐに先生の診察です。
その時にいろいろと見て、紹介状を書いてくださるそうです。

今日は待ち時間も長く
頭が痛くて気持ちも悪くなってしまっていたのでベットに横にならせてもらって
上に書いた内容で私も納得のお話しだったのて良かったです。

若い先生は、きっと色々勉強して調べてくれたのかなと、思います。
まだもう少しですが、ここに来て良い先生に出会えたなぁと涙してしまいました。


2014年05月08日 (木) 19:51

のぞみ

なみさんへ

なみさん こんばんは! お辛い中 お疲れ様でした

嬉しい報告に 僕も喜んでいます 若い先生とっても良い先生です 一生懸命に勉強されてきて

上司に意見してくれて なみさんの脳の下垂の検査を視野に入れてという事で

「脳脊髄液減少症」 の疑いのある患者を目の前にして この病気を学ぼうとするその姿勢に

感動しました 精神的なものと片付けた上司に 承諾をもらうのは 一筋縄では

いかなかったと思います 若い先生 頑張ってくれましたね 嬉しいですよね 

涙が自然と出てしまいますよね その気持ち すごくわかります

これで希望の病院に行けますね 良かったですね

この先生との出会いがなければ 未だに彷徨い続ける事になっていたでしょうね 

これからは この先生を信頼して 希望の病院へ旅立ってください

僕もこの先生の言われた事に納得できます こういう医師が増えてくれるとありがたいです

脳脊髄液減少症に 理解を深めて頂けた事 僕も嬉しいです

診察待ちの時は 具合が悪くなるので 横になって待たせてもらえて助かりましたね

遠慮などしていてはダメです この先生なら この病気には 点滴が有効だという

お話をされると してくれると思います 希望の病院待ちの間は ここで 点滴を

受けるようにするといいと思います 次回に その話をしてみたらいいと思います

希望が見えてきましたね ひとつずつ クリアしていきましょう ほんとに良かったですね

2014年05月08日 (木) 20:41

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014年05月09日 (金) 14:36

のぞみ

鍵コメみさんへ

みさん こんにちは こちらは雨模様です

さっそく次のステップに進みましたね 行動が早いです うまくいくといいですね

パソコンて難しいです チンプンカンプンです よくブログ書いてると自分で思いますよ(笑)

これから そちらは梅雨の時期になってきますね 体調の変化も出るかもしれませんが

そういう時は 慌てずに 水分補給と安静で 乗り切ってくださいね

僕は車もチャリも持っていないから もっぱら歩き専門です

だから体力はつきましたよ 自分のペースでこれからも行きます あははは

みさんは 結果が気になりますね~ いい返事がくるといいですね

何でも 挑戦してみないと 始まらないですよね 僕もがんばりま~す

2014年05月09日 (金) 18:52
新ガイドライン策定news(2018年12月~) (4)
ブラッドパッチ療法保険適用決定(2016年) (3)
┗  ブラッドパッチ療法保険適用 (2)
先進医療実施 診断基準(2012年) (1)
学校における脳脊髄液減少症(文部科学省) (1)
子どもの脳脊髄液減少症 (10)
起立性調節障害 (6)
体位性頻脈症候群(POTS) (5)
HSC(ハイリーセンシティブチャイルド) (3)
HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン) (1)
障害年金 (9)
交通事故損害(書籍) (1)
自賠責保険 (2)
マイナンバーカード (1)
脳脊髄液減少症(news) (30)
脳脊髄液減少症(研究) (7)
脳脊髄液減少症(患者) (36)
脳脊髄液減少症(芸能人) (4)
脳脊髄液 (21)
新型コロナウイルス (37)
新型コロナウイルス後遺症 (5)
宇宙飛行士と脳脊髄液の関連 (9)
脳神経 (16)
慢性硬膜下血腫 (2)
医療news (33)
医療機器 (7)
整骨院・整体院・カイロプラクティック事故 (1)
書籍 (4)
健康機器 (1)
サプリメント・健康食品 (7)
医薬品news (20)
┣  薬剤性ジストニア (1)
┣  ベンゾジアゼピン系受容体作動薬 (4)
┣  ベンゾジアゼピン離脱症候群 (1)
┣  リリカ(鎮痛薬) プレガバリン (3)
┣  デパス(向精神薬) (2)
┣  レンドルミン(睡眠薬) (1)
┣  モーラステープ(光線過敏症) (1)
┗  タリージェ(疼痛治療薬) (2)
社会news (8)
朝日 健康・医療フォーラム2019 (4)
脳脊髄液減少症の問題点 (7)
厚生労働省認可病院の現状 (1)
患者の体験による発症原因と症状 (5)
検査方法(熱海病院の参考例) (1)
保存的療法(初期段階治療) (1)
国際医療福祉大学熱海病院にて診断確定 (3)
ブラッドパッチ治療後の安静期間と始動 (2)
┗  ブラッドパッチ治療後の腰痛 (1)
ブラッドパッチ治療後の症状 (24)
アートセレブ(人工髄液)1回治療 (5)
経過観察と苦悩 (35)
心の葛藤 (11)
経済的困難の苦悩 (3)
生活不活発病(廃用症候群) (2)
┗  介護用品が必要となった日常生活 (1)
リハビリ(前半) (14)
リハビリ(後半) (10)
リハビリのまとめ(完結) (1)
リハビリ+α (10)
社会復帰への第一歩 (1)
運動リハビリ(運動療法) (16)
┣  家事はリハビリに最適 (1)
┣  水中ウォーキングの注意点 (1)
┣  イメージトレーニング (1)
┣  体幹スロートレーニング (1)
┣  セロトニン分泌(リズム運動) (2)
┣  エンドルフィン分泌(音楽療法) (2)
┣  デュアルタスク(脳疲労) (1)
┣  体水分循環(頭痛・疲労倦怠感・むくみ) (1)
┣  インターバル速歩(脳疲労・疲労倦怠感) (1)
┣  スロージョギング (1)
┗  ヨガ・太極拳 (3)
サプリメントより食事内容(質)の大切さ (12)
┣  食事療法(アミノ酸・たんぱく質) (2)
┣  アミノ酸・炭酸水・クエン酸・ミネラル (2)
┣  腸内細菌(脳腸相関) (3)
┣  下痢(食事療法・運動) (2)
┣  イミダペプチド(抗疲労効果) (1)
┗  乾燥生姜(体の痛み・冷え症) (1)
糖質制限 (2)
口腔アレルギー症候群(OAS) (1)
サプリメント情報(脳脊髄液減少症) (4)
水分補給・脱水 (9)
カフェイン・アルコール (3)
五苓散の利水効果 (1)
パソプレッシンホルモン(尿量の調整) (1)
天気・気圧・湿度の影響 (8)
気象病・天気痛 (5)
花粉症 (4)
┣  光線過敏症 (1)
┗  寒暖差アレルギー (1)
化学物質過敏症・電磁波過敏症 (7)
慢性連日性頭痛・目の奥の痛み (9)
起立性頭痛 (2)
片頭痛 (8)
労作性頭痛 (1)
耳の冷えによる機能性頭痛 (1)
後頭部と耳の後ろが痛い大後頭神経痛 (1)
頭部アロディニア (2)
┗  頭部抜け毛・白髪・皮膚乾燥 (1)
ベル麻痺 (1)
石灰化上皮腫 (1)
自律神経 (5)
動悸・手の振るえ(振戦)チック症状  (2)
心臓・動脈硬化・スモールハート (1)
高血圧 (3)
微熱・悪寒・高熱 (1)
冷え性・体温調節機能・汗腺機能 (6)
疲労・倦怠感・易疲労 (5)
脳疲労・ブレインフォグ (9)
睡眠障害 (9)
睡眠相後退(前進)症候群 (1)
不眠・過眠・ナルコレプシー(オレキシン) (9)
むずむず脚症候群 (1)
高次脳・視空間認知力低下 (1)
めまい・吐き気・動悸 (4)
眼前暗黒感のめまい (1)
光過敏・複視・霧視・残像・視力低下 (2)
緑内障 (6)
加齢黄斑変性 (2)
目の不調は脳が原因 (12)
┣  眼瞼・顔面けいれん (1)
┣  眼球使用困難症 (2)
┣  中枢性羞明 (3)
┗  アーレン症候群 (2)
聴覚過敏・車酔いとめまい (1)
耳鳴り (4)
耳菅開放症 (2)
外リンパ瘻 (2)
メニエール病 「中耳加圧治療」 (2)
APD・聴覚情報処理障害 (1)
鼻詰まり (1)
味覚 (1)
嚥下障害 (1)
非歯原性歯痛 (1)
口内炎・ヘルペス・口角炎・味覚障害 (2)
歯肉炎・親知らず抜歯・ドライマウス (1)
顔のしびれ (1)
顎関節症・三叉神経痛・噛み締め (2)
慢性上咽頭炎・EAT(上咽頭擦過療法) (2)
咽頭痛・異物感・息苦しさ・期外収縮不整脈 (1)
リンパ扁桃腺の腫れ・下顎と首のしこり (1)
長引く咳・むせる咳・咳喘息との関連 (2)
甲状腺機能亢進症(別名バセドウ病) (1)
帯状疱疹 (1)
座位・起立・労作不耐・末梢神経障害 (1)
胸郭出口症候群 (3)
梨状筋症候群 (2)
頚椎症・ストレートネック (1)
肩・肩甲骨・背中・手足の痛み (4)
トゥレット症候群と不随意運動 (1)
血糖値上昇 (2)
反応性低血糖症 (1)
副腎疲労/副腎疲労症候群 (1)
IgG抗体検査に関する注意喚起 (1)
胃痛・胃液逆流・下痢 (1)
機能性ディスペプシア (2)
過敏性腸症候群(IBS) (2)
潰瘍性大腸炎(UC) (3)
頻尿・膀胱炎 (3)
┣  ED症状 (1)
┗  女性化乳房症(男性) (1)
無痛分娩・帝王切開(硬膜外麻酔) (4)
┣  月経前不快気分障害「PMDD」 (1)
┣  PTSDと腸内細菌 (1)
┗  HPVワクチン (1)
パニック障害 (1)
うつ病・抑うつ状態 (6)
経頭蓋磁場刺激法(TMS) (3)
反復経頭蓋磁気刺激(rTMS) (5)
経頭蓋直流刺激(tDCS) (1)
むち打ち症 (3)
高次脳機能障害 (6)
軽度外傷性脳損傷 (12)
外傷性脳損傷 (4)
遅発性脳障害 (1)
筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群 (55)
小児の慢性疲労症候群 (1)
カルニチン欠乏症 (2)
筋痛性脳脊髄炎/線維筋痛症 (42)
慢性疼痛 (10)
腰痛(慢性痛) (2)
神経障害性疼痛 (7)
複合性局所疼痛症候群(CRPS) (2)
神経疾患(脊磁計) (1)
脊髄刺激療法(SCS) (2)
筋筋膜性疼痛症候群(MPS) (1)
強直性脊椎炎(AS) (10)
筋萎縮性側索硬化症(ALS) (3)
椎間板ヘルニア (1)
パーキンソン病 (3)
認知症・認知障害・アルツハイマー病 (8)
ヘルプマーク (3)
不定愁訴 (5)
インフルエンザ (1)
ドクターショッピング(一部のみ) (8)
コメント受付中断のお知らせ (2)
プライベート (5)
ひとりごと (4)
12月は自分の生き方を振り返る (4)
命とは生きるとは (6)
年末・年始の感謝とご挨拶 (12)
ごあいさつ (1)