下を向く・前屈みになると吐き気・めまい・激頭痛の悪化を招く脳脊髄液減少症

2014年05月15日
めまい・吐き気・動悸 8
drftgyhuij_TP_V4.jpg

<脳脊髄液減少症を発症して、頭を動かす事により、てき面に具合が悪くなった>

首の痛みが全くなかったのです。これは珍しいのではないかと思います。

脳脊髄液減少症の患者さんは、交通事故(追突事故)が原因の方が多いので、

首の痛みを訴える方が多いと思います。

首の痛みは無いけれど、頭を少しでも動かす動作をする事で、

吐き気・めまい・激頭痛の症状が悪化に繋がりました。

特に頭を下に向ける動作(前屈み)になるとです。


<首の痛みがなくとも、首に負担がかかると、激悪化していた>

熱海の予約待ちをしている時に、親知らずの抜歯の治療に通院していたのですが、

あの硬い椅子に寝ていると、激頭痛がどんどん酷くなって、治療どころではなくなりました。

治療が終わる頃には、痛みでフラフラになりました。首への負担が原因だと思ったので

タオルを枕の代わりにして、対応して頂きました。

歯科医に、謎の激頭痛に苦しんでいる事を伝えてあり、もしかしたら自分は、

「脳脊髄液減少症」と言う病気かもしれないと話していたのです。

歯科医は僕が話す事に、とても興味を持ってくれて「脳脊髄液減少症」は

聞いた事があるけど、どんな痛みの頭痛がするの?」と聞かれ、

顎関節症・歯並び・かみ合わせからも、

頭痛が引き起こされる事を、説明もしてくれて治療も受けましたが、

治療を受けても激頭痛は治らなかったです。

「脳脊髄液減少症」の検査待ちをしていると言うと、

「熱海の先生に検査してもらって、早く激頭痛や体の不調が治るといいね」

と言ってくれたのです。

「脳脊髄液減少症」と歯科の関係も知りたいから、検査の後も教えてね」とも言ってくれました。

今までこんな言葉は、言われた事が無かったので嬉しかったです。


「脳脊髄液減少症」になると、首の痛みのない僕でも、このように首に負担がかかると、 

吐き気・めまい・激頭痛の悪化に結びついていました。


歯科の経験から、美容室に行く時もシャンプーはしてもらわずに、

自宅で済ませてから行きました。


<頭や顔を下に向く動作(前屈みになる)が、1番良くなかった>

特に下を向く動作、お辞儀の姿勢が、1番良くなかったです。

家でシャンプーをする時は、頭を動かさないように座り、

洗っても下を向かずにシャワーで流していました。

着替えのズボンを履くときも、靴を履くときも、食事するときも、

何もかも下を向かずにやるので、ロボットのような動きをしていました。

下を向くとオェ~と吐き気がこみあげてきて、頭の中がぐるんぐるんと回り始め、

脳が握りつぶされそうな激痛になりました。そうなると動けなくなります。

ひたすら布団にもぐりこみ耐え忍んでいました。下を向けない生活は不便でした。

ブラッドパッチの治療を受けても、この症状はすぐには良くなってきませんでした。

2回目のブラッドバッチを受けて漏れが止まってから、ようやく下を向く動作によって

吐き気・めまいが出る事はなくなりました。


めまいは、ふわふわ体が浮いたような、地震の時のように、

横にフラフラ揺れるめまいが常にあり続けました。

いつでも体が揺れている感じがありました。

そして脳がぐるんぐるん、揺れているような感覚がありました。

また、立ち上がった瞬間に、目の前が真っ暗になり猛烈な吐き気と共に

意識が遠のくようなめまい、眼前暗黒感のめまいがありました。

これらの症状が強くて、歩き続ける事が出来なくなりました。

頭を動かした時に、症状が強く出ていましたが、

難聴・耳鳴り・閉塞感はありませんでした。


耳からの症状を訴える患者さんは非常に多いです。

患者さんの中には「外リンパ瘻(ろう)」という、耳から髄液(リンパ液)が漏れていて、

脳脊髄液減少症の患者さんとそっくりな、めまい・ふらつき・耳痛・難聴・閉塞感

音に敏感などの症状が出ている方もいらっしゃいます。

症状がそっくりなので、併発していても自己判断が出来ません。
 

ブラッドパッチを受けて、他の症状が良くなってきているのに 

耳からの症状(めまい・ふらつき・耳痛・難聴・閉塞感・音に敏感など)が残り
 
何年も治らずにいる場合は「外リンパ瘻」の検査も視野に入れてみてください。

「外リンパ瘻」も「脳脊髄液減少症」と同様に、専門医のいる病院でなければ 

正しい検査と診断が出来ませんので、ご注意ください。

「外リンパ瘻」については、下記をクリックしてご覧下さい

https://www.jikeikai-group.or.jp/shinsuma/visitor/specialty/otolaryngology/perilymph/

実際に「外リンパ瘻」が見つかっている患者さんがいらっしゃいます。
スポンサーサイト



気に入ったらシェア!

のぞみ
この記事を書いた人: のぞみ
<発症原因>
中学時にいたずらによる椅子引きで
尾骨を骨折する
原因不明の多彩な症状が現れ
寝たきり車椅子生活となる
ドクターショッピングを重ね
脳脊髄液減少症だと
診断確定したのは発症から10年後

<診断・検査・治療病院>
国際医療福祉大学熱海病院

<検査結果>
画像診断より
腰椎から複数の髄液ダダ漏れ
脳下垂・硬膜肥厚・静脈拡張
髄圧一桁・残存率一桁の所見あり
脳脊髄液減少症と診断確定

<再検査>
先進医療が実施され再検査の結果
胸椎からの髄液漏れ有り
診断基準に該当
脳脊髄液(漏出症)と診断確定

<病歴20年・治療後10年・男性>
ブラッドパッチ療法2回
アートセレブ(人工髄液)髄注1回

<治療経過>
発症から20年、治療から10年経過
診断前後の7年間は介助が必要な
寝たきり車椅子生活となりましたが
治療+自己流リハビリを重ねて
多彩な症状は消失しましたが
僅かな頭痛・倦怠感の残存症状があり
共存しながらも社会復帰に至りました
全完治まであと一歩です

コメント8件

コメントはまだありません

なみ

おはようございます(=^ェ^=)

いよいよ今日です(^^)

残念ながら今日本が届くみたいですσ(^_^;)

本当にそうですよ〜どこか悪いところ見つかってくれ〜と思っちゃいます(^^;;

朝は軽く昼は食べないでと言われていることを忘れないで行かないとです(^^)ギリギリまで仕事なので大丈夫だと思うのですが(^^)

のぞみさんほど激しいものではないのですが
わたしも首を傾けると軽い回転する様なめまいがあり(いつもじゃないのです。)
前にそういう病気が耳鼻科であるとテレビでみて耳鼻科に行きました。

やはりそのときも相手にされなかったなぁとT^T

親身になってくれた歯医者さんは、本当にお医者さんとしても人間的にも素晴らしい方ですね。
読んでいて涙涙ですよ…。

その後そのお医者様とはお話しできたのですか?


ではがんばって行きまーす(=^ェ^=)

2014年05月16日 (金) 09:01

のぞみ

なみさんへ

なみさん おはようございます

いよいよですね~! ご飯は食べないように 忘れたらいけませんよ~

本は残念でした でも 今日の検査が何だったのか 後で読めば解りますので大丈夫ですよ

「脳脊髄液減少症」の専門医ではないので 今日の結果だけで 判断は出来ません

なので希望の病院に行くのです 若先生もそれを踏まえて

検査してくれるのですから ありがたい事です 

僕の歯科医ですが 結果を話しましたよ 熱心に話を聞いてくれました

最新機器の設備も整っていますが やはりお人柄がいいので 人気があるんです

予約でいっばいで 何ヶ月も待たされます まるで熱海の病院みたいです あははは

どこに行っても 相手にされないのは 本当に辛いものです

若先生も とてもよいお医者様だと思います 僕の歯科医も若い先生でした

こういう医師が ほんとに増えて欲しいですよね それでは 気をつけて行ってらっしゃいませ

2014年05月16日 (金) 10:04

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014年05月16日 (金) 14:22

のぞみ

鍵コメ空さんへ

姉さん こんちわ~!

こちらは 朝から雨だよ~ 部屋が暗いし肌寒いよ!

そうだね いっぱい動いた後は 休息が必要だよね ゆっくりしてね

風が強い日も 体調は いまいちになりやすいですよ

そうだね 姉さんの場合は スムーズだったと思います

姉さんは もうひとつの原因があったよね たぶんそれが1番の原因だと思います

あれがある人は この病気の可能性があるので 検査して治療するんですよ

そしてもうひとつの方は良くなった しかし 症状はすぐには良くなってきません

だから 辛いんですよね でも少しずつ 動けるようになってきたし 良くなってきていますよ

のんびりのスピードだから なかなかね~ 思うようにスッキリとしてくれないのです

そう ぼちぼちだね! ストレスは髄液増やすのを妨げるから 例のものも そのうちくるよ

だから あまり考え込まないようにね

そうだね 他の事にも目を向けられるようになり 自分の中に余裕が少し生まれてきました

精神的に安定してきたからだと思います いい兆候ですね

自分のペースで行くしかないからね ぼちぼちやっていきまひょか!

2014年05月16日 (金) 16:07

なみ

行って来ましたよ〜(=^ェ^=)

とくにこれといった悪いところは、なかったのです(T ^ T)

画像は
横の画像と
前後ろの縦だったと思います。
右左の画像はなかったです。
どこかの血管の画像もありました

が異常なしです…>_<…

凹みますがキチンと紹介状は貰えました(^ω^)

しかし先生が、
ご本人の希望の病院に行きたいと言うことで紹介状は書きます。

前の先生と同じ様な意見になってしまいますがやはり精神的なものと考えられます。
もし診てもらい違う様でしたら、心療内科や、精神科に受診することをお勧めします。
自覚のないものでお辛いと思いますが…。

と言われちゃいました…>_<…
涙はこらえましたよーぴー。

でも断念せずに紹介状は、いただけたのです!出しますよ〜わたし!

でも、ぴー(T ^ T)です

2014年05月16日 (金) 18:28

のぞみ

なみさんへ

なみさん お疲れ様でした 

若先生は 最初から否定せずに 勉強してきて検査もしてくれました

他の悪い病気が無くて良かったですね これだけでも安心です

僕の例でお話しますと 僕は8年間かけて やっと自分でこの病気の存在を見つけました
 
そして自分は この病気ではないかと ある麻酔科の医師に尋ねました

当時は 激しい頭痛が始まり慢性化していました そして麻酔科医は 僕に起立性頭痛が

ないので違うと 言い続けていました しかし納得がいかない僕は 自ら医師に

髄液が漏れていないか 検査して欲しいと頼みました

その結果 漏れは発見されませんでした なのでこの病気ではないと言われました

しかし それでも 納得がいかずに 「僕は熱海で検査を受けたいので 紹介状を

書いて欲しい」 と頼み 僕に協力してくださり熱海に向かいました

その結果 ものすごい漏れが発見されました 「これだけ漏れていたら 見つかるはずなのに」と

篠永先生に言われました なので やはり専門医でなければ 同じ画像や検査を行っても

発見出来ない場合があるのです 諦めないで熱海に行って良かったと思いました

篠永先生に 検査してもらっても異常がなければ 諦めようと思い向かいました

脳の下垂がみられない患者さんも 三割くらい含まれているそうです

なので専門医に診ていただきましょう それで異常がなけれは安心です

若先生が最後に言った言葉は 検査をした上のお話なので 医師としての答えだったと思います

僕の例も踏まえて 前に進んでいきましょう 体調は大丈夫ですか?

ゆっくりと休んでくださいね お疲れ様でした

2014年05月16日 (金) 19:11

なみ

おはようございます(=^ェ^=)

確かに脳の検査で異常なしでよかったです(^^)


のぞみさんが
専門の先生に診てもらわないといけないといつも言ってもらっていたので。覚悟はしていきました。

のぞみさんが
本当は漏れていたのに
漏れが見つからなかった
お話を聞いて、やっぱり私は自覚のない精神病ではない
と思いました(^^)

歯医者さんとお話しできて良かったですね。先生も一緒になって喜んでくれたと思います(=^ェ^=)

やはり人柄と技術が高いと人気になるのですね(*^^*)

篠永医師の本が昨日夕方に届きました。

まだ少ししか読めていませんが
症状は似ている部分が多くあります

先生の予約の状況をネットでみました。7月までは決まっていて
残り決まって居ない方が45人待っているそうです。
後は待つのみです(^^)



2014年05月17日 (土) 07:15

のぞみ

なみさんへ

なみさん おはようございます

よく涙をこらえましたね なみさんは 「自覚の無い精神病」 なんかではありません

篠永先生の本を読むと 自分の症状が多く当てはまる それだけでも希望がありますよね

症状が当てはまるなら 何かが解るかもしれないという 希望が見えてきます

なみさんは ここで立ち止まってはいけないのです 今まで症状に対する検査を色んな病院で

してきました また今 同じ症状が出ているのに「異常なし」なので どこの病院に行っても

相手にしてくれません 行き詰ってしまいました 精神病院に行く前に「脳脊髄液減少症」の専門医に

診て頂きましょう だって 今の自分に1番症状が当てはまり 専門医が それらの症状は

「脳脊髄液減少症ですよ」と教えてくれているのです

今まで色んな病院で検査してきたのと同じように 疑わしい「脳脊髄液減少症」の検査を

受ける事が必要ですよね 専門医に検査してもらい それでも違うと言われたら安心です

また違うとしたら 何の病気が考えられるのかも アドバイスしてもらえます

なので安心して検査に望むといいと思います 

さぁ! 覚悟を決めて旅立ちの準備をしましょう そして希望を持って待ち続けましょう

2014年05月17日 (土) 11:19
新ガイドライン策定news(2018年12月~) (4)
ブラッドパッチ療法保険適用決定(2016年) (3)
┗  ブラッドパッチ療法保険適用 (2)
先進医療実施 診断基準(2012年) (1)
学校における脳脊髄液減少症(文部科学省) (1)
子どもの脳脊髄液減少症 (10)
起立性調節障害 (6)
体位性頻脈症候群(POTS) (5)
HSC(ハイリーセンシティブチャイルド) (3)
HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン) (1)
障害年金 (9)
交通事故損害(書籍) (1)
自賠責保険 (2)
マイナンバーカード (1)
脳脊髄液減少症(news) (30)
脳脊髄液減少症(研究) (7)
脳脊髄液減少症(患者) (36)
脳脊髄液減少症(芸能人) (4)
脳脊髄液 (21)
新型コロナウイルス (37)
新型コロナウイルス後遺症 (5)
宇宙飛行士と脳脊髄液の関連 (9)
脳神経 (16)
慢性硬膜下血腫 (2)
医療news (33)
医療機器 (7)
整骨院・整体院・カイロプラクティック事故 (1)
書籍 (4)
健康機器 (1)
サプリメント・健康食品 (7)
医薬品news (20)
┣  薬剤性ジストニア (1)
┣  ベンゾジアゼピン系受容体作動薬 (4)
┣  ベンゾジアゼピン離脱症候群 (1)
┣  リリカ(鎮痛薬) プレガバリン (3)
┣  デパス(向精神薬) (2)
┣  レンドルミン(睡眠薬) (1)
┣  モーラステープ(光線過敏症) (1)
┗  タリージェ(疼痛治療薬) (2)
社会news (8)
朝日 健康・医療フォーラム2019 (4)
脳脊髄液減少症の問題点 (7)
厚生労働省認可病院の現状 (1)
患者の体験による発症原因と症状 (5)
検査方法(熱海病院の参考例) (1)
保存的療法(初期段階治療) (1)
国際医療福祉大学熱海病院にて診断確定 (3)
ブラッドパッチ治療後の安静期間と始動 (2)
┗  ブラッドパッチ治療後の腰痛 (1)
ブラッドパッチ治療後の症状 (24)
アートセレブ(人工髄液)1回治療 (5)
経過観察と苦悩 (35)
心の葛藤 (11)
経済的困難の苦悩 (3)
生活不活発病(廃用症候群) (2)
┗  介護用品が必要となった日常生活 (1)
リハビリ(前半) (14)
リハビリ(後半) (10)
リハビリのまとめ(完結) (1)
リハビリ+α (10)
社会復帰への第一歩 (1)
運動リハビリ(運動療法) (16)
┣  家事はリハビリに最適 (1)
┣  水中ウォーキングの注意点 (1)
┣  イメージトレーニング (1)
┣  体幹スロートレーニング (1)
┣  セロトニン分泌(リズム運動) (2)
┣  エンドルフィン分泌(音楽療法) (2)
┣  デュアルタスク(脳疲労) (1)
┣  体水分循環(頭痛・疲労倦怠感・むくみ) (1)
┣  インターバル速歩(脳疲労・疲労倦怠感) (1)
┣  スロージョギング (1)
┗  ヨガ・太極拳 (3)
サプリメントより食事内容(質)の大切さ (12)
┣  食事療法(アミノ酸・たんぱく質) (2)
┣  アミノ酸・炭酸水・クエン酸・ミネラル (2)
┣  腸内細菌(脳腸相関) (3)
┣  下痢(食事療法・運動) (2)
┣  イミダペプチド(抗疲労効果) (1)
┗  乾燥生姜(体の痛み・冷え症) (1)
糖質制限 (2)
口腔アレルギー症候群(OAS) (1)
サプリメント情報(脳脊髄液減少症) (4)
水分補給・脱水 (9)
カフェイン・アルコール (3)
五苓散の利水効果 (1)
パソプレッシンホルモン(尿量の調整) (1)
天気・気圧・湿度の影響 (8)
気象病・天気痛 (5)
花粉症 (4)
┣  光線過敏症 (1)
┗  寒暖差アレルギー (1)
化学物質過敏症・電磁波過敏症 (7)
慢性連日性頭痛・目の奥の痛み (9)
起立性頭痛 (2)
片頭痛 (8)
労作性頭痛 (1)
耳の冷えによる機能性頭痛 (1)
後頭部と耳の後ろが痛い大後頭神経痛 (1)
頭部アロディニア (2)
┗  頭部抜け毛・白髪・皮膚乾燥 (1)
ベル麻痺 (1)
石灰化上皮腫 (1)
自律神経 (5)
動悸・手の振るえ(振戦)チック症状  (2)
心臓・動脈硬化・スモールハート (1)
高血圧 (3)
微熱・悪寒・高熱 (1)
冷え性・体温調節機能・汗腺機能 (6)
疲労・倦怠感・易疲労 (5)
脳疲労・ブレインフォグ (9)
睡眠障害 (9)
睡眠相後退(前進)症候群 (1)
不眠・過眠・ナルコレプシー(オレキシン) (9)
むずむず脚症候群 (1)
高次脳・視空間認知力低下 (1)
めまい・吐き気・動悸 (4)
眼前暗黒感のめまい (1)
光過敏・複視・霧視・残像・視力低下 (2)
緑内障 (6)
加齢黄斑変性 (2)
目の不調は脳が原因 (12)
┣  眼瞼・顔面けいれん (1)
┣  眼球使用困難症 (2)
┣  中枢性羞明 (3)
┗  アーレン症候群 (2)
聴覚過敏・車酔いとめまい (1)
耳鳴り (4)
耳菅開放症 (2)
外リンパ瘻 (2)
メニエール病 「中耳加圧治療」 (2)
APD・聴覚情報処理障害 (1)
鼻詰まり (1)
味覚 (1)
嚥下障害 (1)
非歯原性歯痛 (1)
口内炎・ヘルペス・口角炎・味覚障害 (2)
歯肉炎・親知らず抜歯・ドライマウス (1)
顔のしびれ (1)
顎関節症・三叉神経痛・噛み締め (2)
慢性上咽頭炎・EAT(上咽頭擦過療法) (2)
咽頭痛・異物感・息苦しさ・期外収縮不整脈 (1)
リンパ扁桃腺の腫れ・下顎と首のしこり (1)
長引く咳・むせる咳・咳喘息との関連 (2)
甲状腺機能亢進症(別名バセドウ病) (1)
帯状疱疹 (1)
座位・起立・労作不耐・末梢神経障害 (1)
胸郭出口症候群 (3)
梨状筋症候群 (2)
頚椎症・ストレートネック (1)
肩・肩甲骨・背中・手足の痛み (4)
トゥレット症候群と不随意運動 (1)
血糖値上昇 (2)
反応性低血糖症 (1)
副腎疲労/副腎疲労症候群 (1)
IgG抗体検査に関する注意喚起 (1)
胃痛・胃液逆流・下痢 (1)
機能性ディスペプシア (2)
過敏性腸症候群(IBS) (2)
潰瘍性大腸炎(UC) (3)
頻尿・膀胱炎 (3)
┣  ED症状 (1)
┗  女性化乳房症(男性) (1)
無痛分娩・帝王切開(硬膜外麻酔) (4)
┣  月経前不快気分障害「PMDD」 (1)
┣  PTSDと腸内細菌 (1)
┗  HPVワクチン (1)
パニック障害 (1)
うつ病・抑うつ状態 (6)
経頭蓋磁場刺激法(TMS) (3)
反復経頭蓋磁気刺激(rTMS) (5)
経頭蓋直流刺激(tDCS) (1)
むち打ち症 (3)
高次脳機能障害 (6)
軽度外傷性脳損傷 (12)
外傷性脳損傷 (4)
遅発性脳障害 (1)
筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群 (55)
小児の慢性疲労症候群 (1)
カルニチン欠乏症 (2)
筋痛性脳脊髄炎/線維筋痛症 (42)
慢性疼痛 (10)
腰痛(慢性痛) (2)
神経障害性疼痛 (7)
複合性局所疼痛症候群(CRPS) (2)
神経疾患(脊磁計) (1)
脊髄刺激療法(SCS) (2)
筋筋膜性疼痛症候群(MPS) (1)
強直性脊椎炎(AS) (10)
筋萎縮性側索硬化症(ALS) (3)
椎間板ヘルニア (1)
パーキンソン病 (3)
認知症・認知障害・アルツハイマー病 (8)
ヘルプマーク (3)
不定愁訴 (5)
インフルエンザ (1)
ドクターショッピング(一部のみ) (8)
コメント受付中断のお知らせ (2)
プライベート (5)
ひとりごと (4)
12月は自分の生き方を振り返る (4)
命とは生きるとは (6)
年末・年始の感謝とご挨拶 (12)
ごあいさつ (1)