脳脊髄液減少症による自律神経の乱れを整える動的・静的ストレス解消法

2014年06月03日
自律神経 19
tokunoshimaP8170007_TP_V4.jpg

「脳脊髄液減少症」を発症すると、自律神経の乱れから、症状が悪化しやすくなります。

<自律神経とは> 
自分の意思で動かすことが出来る、耐性神経と
自分の意思では、コントロールが不可能である「自律神経」があります。
この自律神経は、交感神経と副交感神経に分かれています。
このふたつの神経は、反対の働きをしています。

<交感神経とは>
緊張している時や運動時など、体を活発に動かしている時に働く神経です。

(副交感神経とは)
食事や笑っている時や入浴・睡眠など、体がゆったりとしている状態の時に働く神経です。

この二つの神経のバランスが乱れると、ホルモン分泌の乱れに繋がる為に、
心と体の不調が出やすくなります。
寒暖の差が出る時期や季節の変わり目などに、不調を訴える人が多いと思われます。

<自律神経が乱れると>
頭痛・疲れやすい・ふらつき・めまい・顔のほてり・手足の冷え・しびれ・耳鳴り
動悸・息切れ・微熱・吐き気
精神面の症状では(やる気が出ない めんどくさい・不安感・イライラ・鬱傾向)
このような症状が強く出てしまいます。
脳の視床下部で、自律神経のコントロールがされており、
女性ホルモンの分泌も、視床下部でコントロールされている事から、
ホルモンの乱れから、男性よりも女性の方が、影響を受けやすい面もあります。

<自律神経を整えるにはどうすれば良いのか>
動物や植物と触れ合う、鳥の鳴き声や風を感じるなど、自然と触れ合う。
公園 神社 カフェ 図書館など、自分が心地良いと感じる所に出かける。

日中は、交感神経が優位になっているので、深呼吸や散歩など取り入れて活動する
夕方から夜は副交感神経が優位になるので入浴などでゆったりとする
何よりも「食生活の改善」きちんとバランスよく食べる
水分補給・適度な運動・睡眠を改善していけるように、心がける事が大切です。

「脳脊髄液減少症」の患者さんは、たくさんの症状が出ているので、
規則正しい生活を送ることが困難ですが、
少しでも心がけて、工夫しながら近づけて行きたいものです。

6月は梅雨の時期でもあります。台風の影響も受けやすく、気温や湿度の上昇により、
エアコンの影響も受けやすくなります。天候・気圧・温度・湿度などの影響を受けて、
自律神経が乱れて、ますます心と体の不調が、見られる時期でもあります。
少しでもストレスを排除して、自律神経を整える必要性があります。

<自律神経の乱れを整える 動的・静的ストレス解消法>

静的ストレス解消法
女性の場合は癒し系でストレス発散を求める傾向があります
マッサージ・ヨガ・温泉・アロマ・ショッピング・おしゃれ・おしゃべりなど

動的ストレス解消法
男性は自分の体を動かす事によりストレス発散を求める傾向があります
ウォーキング・サイクリング・スポーツジム・運動など

自分が楽しい・心地良いと感じるものを取り入れて行く事で辛さを和らげて
心と体のバランスを取っていけるように工夫する事が大切かと思います

<追記>自律神経の改善に呼吸法

参考記事クリック→脳脊髄液減少症による自律神経機能異常は呼吸法と共に改善を試みる



<注意>自己流リハビリの記事内容は自己の記録であり
 
      他の患者様にお勧めするものではありません

      社会復帰に必要な体の回復を目的としています
スポンサーサイト



気に入ったらシェア!

のぞみ
この記事を書いた人: のぞみ
<発症原因>
中学時にいたずらによる椅子引きで
尾骨を骨折する
原因不明の多彩な症状が現れ
寝たきり車椅子生活となる
ドクターショッピングを重ね
脳脊髄液減少症だと
診断確定したのは発症から10年後

<診断・検査・治療病院>
国際医療福祉大学熱海病院

<検査結果>
画像診断より
腰椎から複数の髄液ダダ漏れ
脳下垂・硬膜肥厚・静脈拡張
髄圧一桁・残存率一桁の所見あり
脳脊髄液減少症と診断確定

<再検査>
先進医療が実施され再検査の結果
胸椎からの髄液漏れ有り
診断基準に該当
脳脊髄液(漏出症)と診断確定

<病歴20年・治療後10年・男性>
ブラッドパッチ療法2回
アートセレブ(人工髄液)髄注1回

<治療経過>
発症から20年、治療から10年経過
診断前後の7年間は介助が必要な
寝たきり車椅子生活となりましたが
治療+自己流リハビリを重ねて
多彩な症状は消失しましたが
僅かな頭痛・倦怠感の残存症状があり
共存しながらも社会復帰に至りました
全完治まであと一歩です

コメント19件

コメントはまだありません

-

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2014年06月03日 (火) 14:48

のぞみ

ハートさんへ

ハートさん 初めまして コメントをありがとうございます

大変な状況の中 胸中お察し申し上げます

僕が診察を受けた病院は 静岡県の国際医療福祉大学熱海病院の篠永教授です

検査を受けて この病気だと診断確定しないと 出せないですよね 

その経緯を学校側に説明し 猶予を頂くと良いと思います

どうぞお大事にされ よい方向に向かうといいですね

またコメントを承認しますと ハートさんのアドレスが公開されてしまうので 

公開は控えさせて頂きました なので承認待ちと記載されたままですがご了承下さい

2014年06月03日 (火) 15:22

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014年06月03日 (火) 16:54

のぞみ

ハートさんへ

この病気は 検査も予約をしないと受けられませんので すぐに事が運ぶものではないですよね

なので日にちがかかるので 学校側には待って頂くようにする必要があります

ハートさんのその後の体調は落ち着いていらっしゃいますか 動けるようになったら

自分の体調をみながら 少しずつリハビリを進めていけるといいですね

現在の札幌は この病気の検査・治療を出来る病院が増えましたが 僕がこの病気を発症したのは

13年前なのです 当時は関東に住んでいました 現在と違い この病気の存在すら知らない

世間にも知られていない 医療現場でも知られていない そんな時代でした

この病気であるとわかるまでに8年かかりました その長い間に僕には深い事情があり

熱海に行く事に決めました 現在は漏れも止まり治療は受けていません

ハートさんは近くで治療が出来て良かったですね

これから息子さんの事もあるので ご心配だとは思いますが 前向きに頑張ってくださいね

2014年06月03日 (火) 18:10

なみ

今日は北海道はとても暑くなるとテレビで見ました。
あら!今テレビで37度と∑(゚Д゚)

こちらは先週末暑かったですが37度はすごいですねT^T
土曜日は運動会もあり何とか終わりひと段落です。
ここ2日位熱はありましたが割と調子が良かったので浮かれて居ましたがやはりそううまくはいきませんね(^^;;

今日は朝起きてから顔が痺れていてT^T
でも表情はちゃんとつくれます
(≧∇≦)歯医者さんで麻酔を打ってまだ完璧に効く前みたいな感じです。他にもやはり色々でました。低気圧が来ているからですねT^Tわかりやすいです。。


自律神経失調症とは
色々調べましたがストレスが原因なのかあやふやな感じですよね。

一様、脳脊髄液減少症ではなかった時のことも考えて、1番当てはまるのが多い自律神経失調症のことも考えています(^^;;

でもストレスで自律神経失調症になると言うのもどうなんでしょう。。
やはりストレス、精神的なものとするのにはなんとも納得できないです。。頑固なんです私(^^;;

ストレスは、そりゃぁありますよね!*^^*)
悩みだってなんだってない人は居ないとおもいます。

若い頃悩んで考えていたら眠れなくて怠いなんてこともありました。

でもそういう感じじゃないのです。
もし自律神経失調症なら
なんで若い頃ならなかったのかと思っちゃいます(*^^*)

まだまだですね〜
受診するまですみませんお話聞いてくださいねT^T



2014年06月03日 (火) 18:13

のぞみ

なみさんへ

なみさん こんばんは!

マジで暑いです 北海道の最高気温37.8℃ですよ 札幌でも33℃ありましたから

異常気象です 熱中症 食中毒に気をつけなければ ひえ~って感じです

なみさんも低気圧に影響されてしまうのですね 辛いですよね

自律神経失調症と言われている症状がたくさん出ているでしょ

「脳脊髄液減少症」 の患者さんは まさにこれらの症状が出ているのです

でも髄液が漏れていたり減少しているのが原因なので 病名は「脳脊髄液減少症」なのです

確かに不定愁訴と呼ばれる症状もたくさん出ます

自律神経失調症の原因はストレスもひとつにはあるのだと思いますが

しかし自分の症状は ストレスだけが原因だと思えないし 何かが違うと感じるのです 

ストレスの無い人などいないですよね ましてや 不調な症状が出ているのに検査しても異常なし

何の病気かもわからない中で症状を抱えていれば 誰だってストレスはたまってきますよね

自分で解るのです こうなったのはストレスが最初ではなく 症状が出始めたのが最初だと

だから腑に落ちないのです なみさんもそうですよね

あまり考え込んでも それこそストレスになるので 深く考えないようにしましょう

診察までは まだまだなので その間は不安な事はいつでもどうぞお越しください

話して気をまぎれさせないと 落ち込んでしまいそうになりますからね

なみさんもお子さん達も 熱中症に気をつけて乗り切ってくださいね

2014年06月03日 (火) 19:55

okaboagri

ほっかいどーーーー

37.8℃ですか!!
もう北海道じゃないですねw 去年の夏、バレリュー症候群を治すという鍼を求めて札幌を訪れましたが、日中はやはり北海道でも暑かったですね。夜は涼しかったですがw

ちなみに鍼は完全逆効果で。。。治療中に悪化しているのがわかる。。。
よくなったでしょ?いいえ。よくなったでしょ?いいえ。オウム返しが続きました。

結果、夜間救急までお世話になる破目になりました。
しかも心電図で出てはいけない波が出るし!でも翌日循環器科で丁寧に精密検査したら問題ないって言うし。もう私の身体の不思議には困ります。

北海道好きなんですけどねぇ。
そのまま、飛行機探して関東へ戻っちゃいました。

他の方へのコメント拝借ですが、「ストレスから自律神経乱してる」ってよく言われますが、症状が先のケースがあると思う。賛成一票。自律神経乱れて、体調が恐ろしく悪いから、身体的ストレスがたまる。もちろん、ストレスからってこともありえるのだけれども、逆もあるんだってことをお医者さん認めてくださいよってね。ちなみに医療不信者の私は、医師からのストレスが2番目のストレスですが、最近は厄介な先生とは会っていませんから、そのストレスはなくなったかなと思います。

先日のレスについて今頃ですがw、

のぞみさんの昔はわからないのですが、今はとても謙虚な思いやりのある人に感じます。やさしいって何だろうと考えた時期は昔ありましたが、今は考えなくなりました。
無欲に差別無く思いやることが「優しい」というものになるのかなと整理してます。でも、優しくあろうってのも、なんか変な気もしますから、何も考えず、ただ思ったとおりに。

それにしても、うちの父がいった重要な言葉は何があろうか?と考えてしまいましたw だいぶ考えたけれど、ないですね。ただ、お酒飲んで幸せそうに生きてましたけど(現在進行形です)。それはそれでよし!

緩和ケアは本当に大切な世界と思います。私の母は15年の闘病の末、乳がんで亡くなりましたがよい緩和ケアの先生に出会うのにとても時間を要しました。私の母が診てもらった医師のひとりは母の死後、ラジオやTV(しかも信頼性の最も高い局・・・)などでも緩和ケアの先駆的医師としてクローズアップされていましたが、母が薬の副作用で苦しみ、薬の量の調整について電話をしたら、「こっちは忙しいんだから、あんたが自分でそれくらい考えなさいよ!」って言われました。私が見た、正に表の世界と裏の世界です。

一方、のぞみさんのおばあさんを診てくれた先生のような方もおられるわけで、そういう先生に増えてほしいですね。制度と人材。死に様は生き様を映すんだと、母の死で感じましたが、その最後の世界をを担う医師は少なからず欲にまみれて優しさをなくした人間では困ります。母は最期には良い先生にめぐり会えましたから、本当に良かったと思います。

今の医療は、患者に対して無関心な先生がとても多い。「愛の反対は憎しみではなく無関心です」とマザーテレサさんの言葉があるようで、心底共感します。愛のある先生が何とか今もいらっしゃることには、感謝ですね。でも探すの大変です(汗)ホント、名札に書いて欲しい。。。 「私 はーと あります!」って。○○専門医と書く前に書いて欲しい!!!

さて、梅雨ですが、北海道に梅雨ってないんですよね?どんな感じになるんでしょうか。春よりも雨が減っていくのでしょうか?ちょっと興味本位の質問です。

最後に、また人の書き込みについて恐縮ですが、採用が決まった方、素晴らしいですね♪いろいろ頑張って皆様進んでいるのがのぞみさんの返信内容から読み取れますから、励みにして頑張りまーす。

ではでは~






2014年06月04日 (水) 01:30

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014年06月04日 (水) 03:07

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014年06月04日 (水) 09:00

のぞみ

okaboagriさんへ

ようこそ北海道へ~! 救いの治療を求めていらしたのに 残念な結果となりましたね

同じ経験があります 自分もドクターショッピングをしている頃にこの激頭痛を治したくて鍼治療を

受けたことがあるのです まさにokaboagriさんと一緒でした 「良くなってきたでしょ いいえ」

より悪化して帰ってきました ドクターショッピングしている頃に受けた様々な治療は全て効かない

どころか どんどん悪化させられるだけでした それでも 藁にもすがりたい気持ちが強くて

あの病院なら良いとか あの治療なら良くなるかもと 出向いてしまっていました

僕もokaboagriさんと一緒で 医療不信と医師からのストレスを受けていました

具合が悪いから病院に行くのに 医師からストレスを与えられるなんてありえないですよね 

これらの経験から 良い医師の見極め能力が 身に付いたように感じます(笑)

僕はやんちゃでも 元ヤンキーでもありません 声を荒げて怒る事もしないし

いつも笑っている事が多いです 自分ではやさしい面を持っていると思っていましたが

親から言われたのは「やさしさとは 相手が感じる事で それがおまえの 言葉だったり

行動から人は感じるものであり おまえが思っているやさしさは 単なる自己満足だ」と言われました

okaboagriがおっしゃるとうり やさしくしようではなく 自然体で無欲に差別無くおもいやりの心を

自分が持っていれば 相手にやさしさとして伝わるという事なのだと思います

okaboagriさんのお父様はとてもお幸せなのだと思います 何も無いという事は okaboagriさんが

しっかり者で 安心していられる存在だからだと思います 僕はうっかり者なので 

父から見ると男としての器が小さいと嘆いているのです(笑)なのでこれからも精進していきます

お母様も大変な状況の中 医師からの心無い言葉に傷つき たとえ名医と言われても 患者に

寄り添う心のない医師は 名医でも何でもないですよね

最後は良い医師とめぐり合い お母さまもご家族様も良かったと思える これが心ある医療ですよね

僕もokaboagriさんの提案に賛成です ぜひ名札に「私ハートあります」って書いて欲しいです(笑)

北海道は梅雨はないんです 関東が梅雨に入ると 北海道は晴天続きになります 

さわやかな北海道らしい気候になるのです そして秋になり雨の時期が終わると 雪の世界へと

変身していくのです 北海道の夏は好きです 朝晩のひんやり感が 他の地域では感じられない

あ~北海道に住んでいるんだなと感じる瞬間です 関東育ちの僕もようやく どさんこ(北海道民)

になってきたかと思っています

僕にコメントをくださっている方達は 皆さん頑張り屋さんです

この病気をしっかりと受け入れて 前向きに進んでいます 僕も励みになっています

頑張っている人には 手を差し伸べたくなります 僕も人から手を差し伸べてもらえるような

人でありたいです だから自分のペースで 出来る事を一生懸命に努力していこうと思っています

お互いに 励みにして進んでいきましょう

2014年06月04日 (水) 13:07

のぞみ

鍵コメ空さんへ

姉さん こんにちは めちゃ早起きだね 姉さんが起きる頃に僕は寝ています(笑)

あれから姉さん毎日散歩が続いているね すごいよ~!

少し前の自分と比べると想像もつかなかったでしょ 朝の家事をこなすので精一杯で

ご飯も食べずに横になって倒れていたよね 歩く事で体力も回復し始めて今までより

多くの家事をこなすことができるようになってきました

でもその代わりに 疲れも半端無いので 当然昼寝もしてしまいます

座りながら寝てしまうほど ヘトヘトに疲れます なので夜の睡眠に影響してしまうけど

今はそれでいいのです もう少し体力がついてくれば 家事をしても余力が

出てくるので 昼寝しないで過ごす事ができるようになり 夜にぐっすりと眠れるように

なるので 長い目で見ていかないといけません 焦らずに今は日中に動く事に

体が慣れてくるのを待ちましょう お子さんに励まされましたね(笑)

嬉しいじゃないですか 相手に変わって欲しければ まずは自分が変わる事が必要です

その成果が出たのではないでしょうか 「親の背中を見て子は育つ」 まさにこれですね

姉さんの病気が子育てに良い影響を与えていますね お子さんの言葉には こういう意味が含まれて

いるのではないでしょうか 「お母さんはあれもこれも 全部頑張らなくていいよ

出来ない日もあるさ 無理する事はないよ」ってね! 姉さんが頑張っている姿を見てるから

このような気持ち 言葉が出るのだと思います  

お子さんに励まされながら ぼちぼち少しずつやっていきましょう

天気に左右されるのはしかたがないですね そんな日は ゆっくりと体を休めて

眠り姫になって また復活したら頑張ればいいのです 

ところで アレルギーの事ですが 僕は食べ物のアレルギーがあります 生のえびがダメです

姉さんと全く同じ症状になります 喉がはれて狭まった感じになり 呼吸がしずらくなり

息苦しくなって 全身蕁麻疹が出ます ほんと呼吸が止まりそうになります

今までは同じ物を食べていても大丈夫でも 突然アレルギー反応を起こすことも

ありえるので 1度検査しておくと安心ですよ この病気になると もともと持っているアレルギー

症状が酷くなったり 新たに出たりする人も多いです たぶんその症状はアレルギーの症状だと

思います 気をつけないといけませんね この病気になるとあちこちと色んな症状が出るんですよ

ほんとうに不思議な病気だと思います

お天気もよくない事だし 眠り姫になってのんびり過ごしてください

2014年06月04日 (水) 15:30

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014年06月04日 (水) 18:11

なみ

私の
なんやかんやに、いつもお返事ありがとうございますm(_ _)m


私も他の方のコメントを読ませて頂いています(*^^*)

本当に例のお医者さんにストレスあるでしょう。と言われた時に
ありません!しいていえばこの症状がストレスです!って言った覚えがあります(^^;;

先生と話すのもストレスです!とは我慢して言わなかったですが(^з^)-☆

アレルギーの話しがありましたね。ウチの母が色々アレルギーがあり、
のぞみさんの様な症状が出ていました。辛いですよね、怖くもなるし。

私は
アレルギーなのかなんなのか
蚊に刺されると痒みが血管に乗り広範囲に痒くなります。

これは小さい時からありましたが、刺されたもの全てではなかったです。蚊が吸うのが下手なんだろうと思っていますが、
ここ2年位刺されたものがほとんど血管に乗り痒くなります。

例えば手の指に刺されて徐々に手、手首と登っていき脇の下まで来ます。
だいたい何箇所か刺されてしまうので、手の指、足、顔
なんて刺されたらほとんど全身痒いですT^T一体何処を刺したのかわかりません〜

不思議な事に旦那は刺されません!

それはともかくネットで調べても蚊のアレルギーはすごく腫れるみたいでやっぱりアレルギーではないのですかね。

昨日の夜中にやられたのでT^T
それでなくても眠くて眠くてなんですが。。
旦那は喘息で蚊取りのものはヒューヒューいっちゃいますT^T
それは心配なので蚊よけのジェルみたいなのを塗って寝てみようかとおもいます(^^;;

話しがずれてしまいましたが
抵抗力が色々下がってしまうので症状が悪くなるんですね。

私も口内炎がすごくできたりコウカクが良く切れたりしますT^T

今の時期マスクは蒸れちゃいますが欠かせません(*^^*)

またまたお付き合いくださいましてありがとうございますm(_ _)m



2014年06月04日 (水) 19:54

のぞみ

ハートさんへ

ハートさん こんばんは! 

自分も辛いけど それ以上にお子さんの事が心配になりますよね 

保存療法(臥床安静と水分補給)で様子見をしていられるのではないかと思います

早めに診てもらえたので とてもその点では良かったと思います

主治医とご相談されながら 良い方向に進むとよいですね

ハートさんも安静期間が終わりましたら 少しずつ体を動かしていくといいと思います

サプリメントは あくまでも健康補助食品であり 薬ではありません なので継続して

摂取していかないと 効果の実感は得にくいと思います 試して見ることは良いと思うので

ハートさんの症状からすると マルチビタミン コエンザイムQ10還元型 アミノバイタル

などがお勧めです あまりサプリメントに依存しないように気をつけてくださいね

効くか効かないかは人によって違うので 試してみて効果が少しでもあれば良いと

お考えください 頭のツボ押しも 血行が良くなって緩和されたのだと思います

ご自分で 楽になれる事が見つけられて良かったですね

これから1ヵ月 2ヵ月と月日をかけて 症状が軽くなったり

強く出たりしながら 回復に向かっていきます ご自身の体調をみながら

動いていくと良いと思います ハートさんは 熱海の篠永先生がお書きになった

この病気についての本をお持ちでしょうか?

「脳脊髄液減少症を知っていますか」というタイトルの本です

この本を読むと 自分の中の不安や疑問が解決できると思います

もしお持ちでなければお勧めいたします ネットショップのアマゾンや楽天で

購入できます きっとお役に立つと思います

また患者が経験した事で解る事もありますので どんな小さな疑問でも

不安なことがあれば 僕でよければいつでもお越し下さい

僕は完治しているのではありません ハートさんと一緒で この病気と闘い続けているんです

病歴が長くて困ったものです(笑)とても暑くなりました水分補給に気をつけて

お大事にしてください

2014年06月04日 (水) 21:56

のぞみ

なみさんへ

なみさん こんばんは! はい なんやかんやOKです

思わず笑ってしまいました そうですよね 医師の心無い言葉や態度からストレスを

受けているんですよね 僕も最初はおとなしく聞いていましたが だんだんと

反撃するようになりました 同じですよ!

なみさんと僕の母と一緒です なぜか母ばかり蚊にさされて ものすごく腫れるし

あちこち刺されて 全身がかゆいと言います 蚊が刺すときに唾液を出すらしく

その唾液に対して炎症も強く出るようです もしかして男性より女性の方が

刺されやすいのでしょうか 同じ部屋にいても 僕と父は全然刺されません

母はなんかシートで拭くだけで蚊よけになるやつを よく塗っていましたよ

ところで 免疫力が低下すると 口内炎や口角がただれたり切れたりしますよね

僕も治療前はしょっちゅうなっていました 首のリンパも腫れてばかりで

その原因もこの病気からだったんですよ 治療したらすっかり治りました

マスクは必需品ですよね これにサングラスをかけるとあやし~い感じの人に見えてしまう

でも 自分を守る為には欠かせませんよね 水分補給しながらしのいでください

2014年06月04日 (水) 22:30

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014年06月05日 (木) 05:13

のぞみ

鍵コメ空さんへ

姉さん おはようさん!

いよいよ梅雨入りしたんだね 今までの調子の良さもどこかにいってしまうような 体調が優れない日が

多くなるかもしれないけど それは気候のせいだから しかたがないと割り切って安静を心がけて

家の中で出来る事をして しのいでください

良くなってきたと自分で実感できると それが自信となるよね 合言葉ぼちぼちすこしずつね!

むむ!違う薬を飲んでいたの? 喉が狭くなったようでまだ飲み込みにくいでしょ

やっぱり病院に行かないとね こちらはいい天気です ごめんね ごめんね~! 

今日も1日 体と向き合っていきましょう

2014年06月05日 (木) 08:56

なみ

昨日受診しました。

痛みのある中読んで頂いてありがとうございますm(__)mコメントするか迷いましたが私のわがままですがしてしましました。

昨日ブラットパッチから三ヶ月たち受診しました(^◇^)

残念ながらこれと言った回復がなく、先生もこの時期天候がおかしくて特に今年は酷くて、みんなダメなんだと…。なるほど…。

脳MRIではこれといって回復はしていませんでしたが何かは少しよくなってると。。なんだなんだ?…横向き画像の上の方で血管でしょうか?

長い月日で、徐々によくなるものと覚悟はしているので(^◇^)ショックはないです。
腕の重みや痛み、しびれは胸郭出口症候群かもと言うことで
今度は肩のMRIです。首のヘルニアもあるのでそれもみます。

今回ランドセンと言う薬をもらいました。
昨日から飲んで寝たらはい!目覚めたら朝!すごいぐっすりですチクチクぞわぞわすることなくすっと眠れました。しかし熱は取れません…
腕のなんやらかんやらも取れません。やはり胸郭出口なんやらかんやら…?とおもったり。
副作用だとおもいますがぽよーっとしてます。眠いです…いつもありますが違う感じです。

やはり痛みはあっても痛み止め飲んで動いた方が良いようなので頑張っていきます( ̄Д ̄)ノ

のぞみさんのブロぐで
凹んでいる時も元気が出ます。心が沈むことなくポジティブになれます〜!
辛い症状があるなか
歩けない所から頑張って心が折れそうになりながらこうやってこの病気を教えてくれました。少しずつでも髄液が増えて症状が良くなればと思います。無理せず頑張り過ぎないでくださいね。

ところで明るく笑える母は65です。色んな疾患を抱えていますが…。まぁ明るいです。ずっと喋っています…。
来週目の手術が控えていますが付き添ってくれました。
私と腰が痛いのよ〜膝が痛いのよ〜血管に針が刺さらないのよ〜首が痛くて回らない〜。動悸が〜。身体がダルおも〜!
自分のつばでむせて〜なんて2人で盛り上がっています( ̄Д ̄)ノ
あんた65だねなんて言われ笑えます(^◇^)いやぁ〜私まだ38よ!なんなら気持ちは23なんておもったり。。
長々と読んでくださりありがとうございました(^人^)
返信は大丈夫です(^◇^)

2015年02月10日 (火) 10:27

のぞみ

なみさんへ

なみさん こんにちは! 検診お疲れ様でした

検査結果は 不安でドキドキしますよね~

検査の結果ですが 先生が良くなっている部分があると 

画像判断されているので 良かったですね! 変化が見られる事はすごいですよ

治療を受けると すぐに良くなる事を すご~く期待してしまいますが

脳の回復は ゆっくりと期間をかけて 徐々に良くなってくると思います

胸郭出口症候群や首のヘルニアの疑いがあるのですね 検査を受けられ

ひとつずつ 自分の体に出ている苦痛が 解放されていくと良いですね

痛みの為に眠れなかったり 睡眠が取れないと イライラしたり

重だるさも強くなり 体も思うように動かず 症状に振り回される中で 

食事の支度や 学校関係の用事や お子さん達のお世話などで

心も体もヘトヘトに疲れてしまうと思います

この病気になると「睡眠」が非常に大切になり 鍵となります 

少しでも QOL(生活の質)を上げる事が大切であり 

その為に お薬に助けてもらう時期も 有りだと思います

ランドセンは 眠気やふらつきの副作用がありますので

ぽよーっとしたり 眠気が残ってしまうのは 薬のせいだと思います

それが 自分にとって不快感があったり 動きの妨げになるようなら

腕の重みや痛みやしびれが辛くても 痛み止めを飲んで動いた方が良いと

思われるのであれば そちらの方が 合っているのだと思います

僕はこの病気だと診断される前に 色んな薬を出されて飲みましたが

副作用が強く出て苦しめられるだけで 痛みにも効かないし

QOL(生活の質)が余計に下がって 寝たきりになってしまったのです

僕にとって薬は 害になっていたのです 痛みを我慢するのは 

発狂しそうでしたが 薬の副作用に苦しむより ましだったのです

薬に助けてもらえない その辛さも経験しました

我慢して耐えて耐えて 現在まで来て 痛みから解放されつつあります(笑)

お薬は助けてもらう時期もあれば 必要で無い場合もあります

主治医とご相談されながら 自分に合ったお薬や 対処方法を見つけていく

これが大切かと思います

治療を受けてもすぐには回復しずらいです 毎日何かしらの症状が出ていて

どこが良くなったのかさえ 自分では実感もないものです

年単位で「良くなってきたかも~」と気付く程度です
   
回復がゆっくり進む為に 先が遠く感じてしまうでしょうが

良くなってきます 焦らずに根気強く 折り合いをつけていきましょう

お母様と僕は似ています 僕も病人だけど ずっと笑顔で笑っていたのです

僕は健康な時から いつも笑顔でお腹の底から笑っていました

病気になっても唯一 僕に残されていた 健康な部分です

お母様とのふれあいで なみさんも明るさと笑顔で接して

辛い中でも笑う事で 髄液も増えて 病気も治してくれると思います

なみさんの笑顔の奥にある 不安と苦しみは想像できます

でも 病気の事ばかりに囚われていると 心も落ち込みやすくなります

人とふれあい 病気から意識をはずす事も必要なのです 

そうやって 心を少しでも解放させていく事が

長い道のりでも 頑張れる力となります  

なみさんが この病気の事を受け止めて 症状の波に揺られながらも

前向きに頑張っている姿が とても嬉しい事です

暖かくなって 今よりも苦痛が和らぐと良いですね!

僕の事まで心配して頂き とても有り難く嬉しいです

こんな僕でも 「別人の体だ」 と感じるほど 良くなってきていますよ

また 愚痴でも なんやかんやでも 何かありましたら お越し下さいね

2015年02月10日 (火) 17:23
新ガイドライン策定news(2018年12月~) (4)
ブラッドパッチ療法保険適用決定(2016年) (3)
┗  ブラッドパッチ療法保険適用 (2)
先進医療実施 診断基準(2012年) (1)
学校における脳脊髄液減少症(文部科学省) (1)
子どもの脳脊髄液減少症 (10)
起立性調節障害 (6)
体位性頻脈症候群(POTS) (5)
HSC(ハイリーセンシティブチャイルド) (3)
HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン) (1)
障害年金 (9)
交通事故損害(書籍) (1)
自賠責保険 (2)
マイナンバーカード (1)
脳脊髄液減少症(news) (30)
脳脊髄液減少症(研究) (7)
脳脊髄液減少症(患者) (36)
脳脊髄液減少症(芸能人) (4)
脳脊髄液 (21)
新型コロナウイルス (37)
新型コロナウイルス後遺症 (5)
宇宙飛行士と脳脊髄液の関連 (9)
脳神経 (16)
慢性硬膜下血腫 (2)
医療news (33)
医療機器 (7)
整骨院・整体院・カイロプラクティック事故 (1)
書籍 (4)
健康機器 (1)
サプリメント・健康食品 (7)
医薬品news (20)
┣  薬剤性ジストニア (1)
┣  ベンゾジアゼピン系受容体作動薬 (4)
┣  ベンゾジアゼピン離脱症候群 (1)
┣  リリカ(鎮痛薬) プレガバリン (3)
┣  デパス(向精神薬) (2)
┣  レンドルミン(睡眠薬) (1)
┣  モーラステープ(光線過敏症) (1)
┗  タリージェ(疼痛治療薬) (2)
社会news (8)
朝日 健康・医療フォーラム2019 (4)
脳脊髄液減少症の問題点 (7)
厚生労働省認可病院の現状 (1)
患者の体験による発症原因と症状 (5)
検査方法(熱海病院の参考例) (1)
保存的療法(初期段階治療) (1)
国際医療福祉大学熱海病院にて診断確定 (3)
ブラッドパッチ治療後の安静期間と始動 (2)
┗  ブラッドパッチ治療後の腰痛 (1)
ブラッドパッチ治療後の症状 (24)
アートセレブ(人工髄液)1回治療 (5)
経過観察と苦悩 (35)
心の葛藤 (11)
経済的困難の苦悩 (3)
生活不活発病(廃用症候群) (2)
┗  介護用品が必要となった日常生活 (1)
リハビリ(前半) (14)
リハビリ(後半) (10)
リハビリのまとめ(完結) (1)
リハビリ+α (10)
社会復帰への第一歩 (1)
運動リハビリ(運動療法) (16)
┣  家事はリハビリに最適 (1)
┣  水中ウォーキングの注意点 (1)
┣  イメージトレーニング (1)
┣  体幹スロートレーニング (1)
┣  セロトニン分泌(リズム運動) (2)
┣  エンドルフィン分泌(音楽療法) (2)
┣  デュアルタスク(脳疲労) (1)
┣  体水分循環(頭痛・疲労倦怠感・むくみ) (1)
┣  インターバル速歩(脳疲労・疲労倦怠感) (1)
┣  スロージョギング (1)
┗  ヨガ・太極拳 (3)
サプリメントより食事内容(質)の大切さ (12)
┣  食事療法(アミノ酸・たんぱく質) (2)
┣  アミノ酸・炭酸水・クエン酸・ミネラル (2)
┣  腸内細菌(脳腸相関) (3)
┣  下痢(食事療法・運動) (2)
┣  イミダペプチド(抗疲労効果) (1)
┗  乾燥生姜(体の痛み・冷え症) (1)
糖質制限 (2)
口腔アレルギー症候群(OAS) (1)
サプリメント情報(脳脊髄液減少症) (4)
水分補給・脱水 (9)
カフェイン・アルコール (3)
五苓散の利水効果 (1)
パソプレッシンホルモン(尿量の調整) (1)
天気・気圧・湿度の影響 (8)
気象病・天気痛 (5)
花粉症 (4)
┣  光線過敏症 (1)
┗  寒暖差アレルギー (1)
化学物質過敏症・電磁波過敏症 (7)
慢性連日性頭痛・目の奥の痛み (9)
起立性頭痛 (2)
片頭痛 (8)
労作性頭痛 (1)
耳の冷えによる機能性頭痛 (1)
後頭部と耳の後ろが痛い大後頭神経痛 (1)
頭部アロディニア (2)
┗  頭部抜け毛・白髪・皮膚乾燥 (1)
ベル麻痺 (1)
石灰化上皮腫 (1)
自律神経 (5)
動悸・手の振るえ(振戦)チック症状  (2)
心臓・動脈硬化・スモールハート (1)
高血圧 (3)
微熱・悪寒・高熱 (1)
冷え性・体温調節機能・汗腺機能 (6)
疲労・倦怠感・易疲労 (5)
脳疲労・ブレインフォグ (9)
睡眠障害 (9)
睡眠相後退(前進)症候群 (1)
不眠・過眠・ナルコレプシー(オレキシン) (9)
むずむず脚症候群 (1)
高次脳・視空間認知力低下 (1)
めまい・吐き気・動悸 (4)
眼前暗黒感のめまい (1)
光過敏・複視・霧視・残像・視力低下 (2)
緑内障 (6)
加齢黄斑変性 (2)
目の不調は脳が原因 (12)
┣  眼瞼・顔面けいれん (1)
┣  眼球使用困難症 (2)
┣  中枢性羞明 (3)
┗  アーレン症候群 (2)
聴覚過敏・車酔いとめまい (1)
耳鳴り (4)
耳菅開放症 (2)
外リンパ瘻 (2)
メニエール病 「中耳加圧治療」 (2)
APD・聴覚情報処理障害 (1)
鼻詰まり (1)
味覚 (1)
嚥下障害 (1)
非歯原性歯痛 (1)
口内炎・ヘルペス・口角炎・味覚障害 (2)
歯肉炎・親知らず抜歯・ドライマウス (1)
顔のしびれ (1)
顎関節症・三叉神経痛・噛み締め (2)
慢性上咽頭炎・EAT(上咽頭擦過療法) (2)
咽頭痛・異物感・息苦しさ・期外収縮不整脈 (1)
リンパ扁桃腺の腫れ・下顎と首のしこり (1)
長引く咳・むせる咳・咳喘息との関連 (2)
甲状腺機能亢進症(別名バセドウ病) (1)
帯状疱疹 (1)
座位・起立・労作不耐・末梢神経障害 (1)
胸郭出口症候群 (3)
梨状筋症候群 (2)
頚椎症・ストレートネック (1)
肩・肩甲骨・背中・手足の痛み (4)
トゥレット症候群と不随意運動 (1)
血糖値上昇 (2)
反応性低血糖症 (1)
副腎疲労/副腎疲労症候群 (1)
IgG抗体検査に関する注意喚起 (1)
胃痛・胃液逆流・下痢 (1)
機能性ディスペプシア (2)
過敏性腸症候群(IBS) (2)
潰瘍性大腸炎(UC) (3)
頻尿・膀胱炎 (3)
┣  ED症状 (1)
┗  女性化乳房症(男性) (1)
無痛分娩・帝王切開(硬膜外麻酔) (4)
┣  月経前不快気分障害「PMDD」 (1)
┣  PTSDと腸内細菌 (1)
┗  HPVワクチン (1)
パニック障害 (1)
うつ病・抑うつ状態 (6)
経頭蓋磁場刺激法(TMS) (3)
反復経頭蓋磁気刺激(rTMS) (5)
経頭蓋直流刺激(tDCS) (1)
むち打ち症 (3)
高次脳機能障害 (6)
軽度外傷性脳損傷 (12)
外傷性脳損傷 (4)
遅発性脳障害 (1)
筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群 (55)
小児の慢性疲労症候群 (1)
カルニチン欠乏症 (2)
筋痛性脳脊髄炎/線維筋痛症 (42)
慢性疼痛 (10)
腰痛(慢性痛) (2)
神経障害性疼痛 (7)
複合性局所疼痛症候群(CRPS) (2)
神経疾患(脊磁計) (1)
脊髄刺激療法(SCS) (2)
筋筋膜性疼痛症候群(MPS) (1)
強直性脊椎炎(AS) (10)
筋萎縮性側索硬化症(ALS) (3)
椎間板ヘルニア (1)
パーキンソン病 (3)
認知症・認知障害・アルツハイマー病 (8)
ヘルプマーク (3)
不定愁訴 (5)
インフルエンザ (1)
ドクターショッピング(一部のみ) (8)
コメント受付中断のお知らせ (2)
プライベート (5)
ひとりごと (4)
12月は自分の生き方を振り返る (4)
命とは生きるとは (6)
年末・年始の感謝とご挨拶 (12)
ごあいさつ (1)