磁場刺激(TMS)による うつ病の治療の新しい臨床研究

2018年05月12日
経頭蓋磁場刺激法(TMS)
MAR89_ajisai20140601_TP_V4.jpg

脳卒中、パーキンソン病、アルツハイマー病、自閉症、耳鳴り、統合失調症、うつ病など

様々な病気に試されている、経頭蓋磁場刺激法(TMS)のニュースがありました。

大規模な臨床試験で効果が確認されているのが、うつ病のようです。

<補足>
通常の刺激法と反復経頭蓋磁気刺激療法 (r-TMS) では、

方式によって異なる効果が存在するので、区別する必要があります。

長文になりますので、下記のURLをクリックしてご覧下さい。


<磁場刺激(TMS)による うつ病の治療の新しい臨床研究>

2018年5月11日 Yahoo!ニュース 個人 
西川伸一 NPO法人オール・アバウト・サイエンスジャパン代表理事
https://news.yahoo.co.jp/byline/nishikawashinichi/20180511-00085091/


磁場刺激による脳操作の歴史

頭に磁場を発生するコイルを当てて(冒頭の写真参照)脳内に磁場照射を繰り返し与えると、

脳神経を刺激して様々な神経疾患に利用できることが明らかになっています。

もともと、電流のような物理的刺激を使って脳の機能を変える治療は、

いわゆる電気ショック療法と呼ばれて1930年代ぐらいから行われてきました。

驚くことに、症例によってはこのような治療が現在も行われています。

ただ、ショックとか電撃療法という名前から分かるように、患者さんへの負担は大きすぎます。


これを改善するために1980年代から開発されたのが今日話題にする磁場による刺激法、

経頭蓋磁場刺激(Transcranial magnetic stimulation:TMS)です。

様々な間隔で磁場を脳内に照射するのですが、

例えば運動領域への照射で手や足を動かすことができる、

すなわち運動を支配している神経を刺激できることがわかりました。


このように神経を頭蓋の外から刺激できることがわかったこと、

そして興奮だけでなく電波の当て方を変えると

特定の脳機能を抑制することもできることがわかってきました。

これと並行して、動物実験による基礎研究も進んで、

今や様々な神経系の病気に利用できないか探る段階に入っています。

中でも、うつ病の治療については特に期待が高く、

医療機器として認可をうけ、治療に使われるようになっています。


TMSのメカニズム

磁場を照射して電流を発生させるといっても、特定の神経細胞を狙い撃ちできません。

ただ、磁場を一定間隔で与え続けることで、特定の性質を持った神経細胞の集団を

選択的に変化させられることが動物実験からわかってきました。

すなわち、記憶として知られる長期的変化とよく似た状態をTMSは起こすことができるのです。

これまでの研究でTMSは大きくわけて、

(1)神経同士の結合(シナプス)の伝達性を長期的に変化させる、

(2)神経増殖因子を分泌させる、

(3)神経細胞を増殖させる、


の3種類の過程に働いていると考えられています。


この結果、海馬に照射することで記憶を高めたり、

皮質に照射して運動能力を高める効果があることが人間でも示され、

新しいドーピングにつながるのではないかと警告を発する人すら出てきています。


TMSによるうつ病の治療

以上紹介したように、TMSは比較的患者さんへの侵襲が少ないことから、

脳卒中、パーキンソン病、アルツハイマー病、自閉症、耳鳴り、統合失調症、うつ病など

様々な病気に試されています。

これらの病気の中で最も早くから取り組みが始まり、

大規模な臨床試験で効果が確認されているのがうつ病です。


2010年にArchives of General Psychiatryに発表された論文によると

(George et al, Arch Gen Psychiatry. 2010;67(5):507-516)、

毎日40分程度の照射で、15%の患者さんが治るようです。

この結果を受け、FDAもうつ病に対する治療法としてTMSを認可しました。

わが国でも健康保険ではカバーはされていないと思いますが、

昨年に薬事承認が下りており、一部の医療機関ではうつ病の治療に利用し始めているようです。


普及のための問題

TMSにも、もちろん副作用はあります。

頻度の高いのが、頭痛、頭皮の違和感、顔面筋の痙攣、立ちくらみなどですが、

治療を中断するほどではないことがわかっています。

現在利用できるうつ病の薬を使っても治療が簡単でないことを考えると、

副作用の少ないこの治療をもっと普及させればいいのではと誰しも考えます。

しかし、この方法には普及を妨げる、一人の治療時間が長いというハードルがあるのです。


現在認可されている10Hzの間隔で行う照射法では1日37.5分の照射時間が必要で、

準備も入れると一人の患者さんに45分も照射装置が占有されることになります。

しかも照射は毎日必要です。

とすると、1台の機械で治療できる患者さんの数は10人がやっとだと思います。

このため、効果が確認されていても、普及が阻まれてきました。


新しい照射法の臨床試験

照射時間の問題を解決するために開発されたのがθバースト照射(TBS)と呼ばれる方法で、

高頻度のパルスを使うため照射が3分ですみます。

すでに、小規模試験ではTMSと同じ効果が確認されており、

あとは大規模な臨床試験が待たれていました。

この臨床試験結果が、カナダ・トロントにあるCenter for Addiction and Mental Healthから

4月28日発行の英国の医学雑誌The Lancetに発表されたので

Blumberger et al, Effectiveness of theta burst versus high frequency repetitive
transcranial magnetic stimulation in patient with depression: a randomized non-inferiority trial

(うつ病患者さんに対する
theta burst法と高頻度反復性経頭蓋磁気刺激法の比較:無作為化非劣勢試験)

The Lancet, 396:1683, 2018)、是非紹介したいと思います。


今回対象に選ばれた患者さんたちは

ハミルトン尺度と呼ばれる自己申告に基づくうつ病診断スコアが18以上で、

一般の抗うつ剤による治療の効果が見られなかった患者さん414名が選ばれています。

患者さんは全くランダムに、FDAが認可したTMS法と、新しいTBSに振り分けられ、

いずれも週5日照射を4週間続けて受けておられます。

おわかりのように、この試験ではTBSの治療効果を確かめるというより、

2種類の方法を比較するための試験と言えます。


詳細を全て省いて結論に行くと、いずれの治療法も驚くべき効果を示したと言えます。

ともにほぼ半数に効果がみられ、なんと3割が治っています。

ハミルトン指標も平均値で最初の24程度から、14程度に低下し、

少なくとも効果は1週間続いているようです。

これまで抗うつ病治療を続けていた患者さんであることを考えると、

素晴らしい結果と言っていいでしょう。


さらにこの臨床試験の目的、従来のTMSとTBSの比較についても、

期待通り効果に全く差がないという結果が出ています。

これは大きな進歩で、TBSが3分の照射で済むことを考えると、

一台の機械で治療を受けられる人数は10倍近くに増やすことができます。

もちろんいいことづくめだけではありません。

すでに紹介しましたように、頭痛が65%の人で起こるなど、副作用も間違いなくおこります。

副作用についても両方の治療で大きな差はなく、

4週間の治療期間でドロップアウトする患者さんはいなかったようです。

この意味で、なんとか耐えられるレベルの副作用と考えていいように思います。


感想と展望

うつ病患者さんは我が国で100万人を超えたと言われていますが、

治療は一筋縄ではいかず、しかも常に自殺の危険を伴う、

21世紀の医学が取り組まなければならない重要な課題です。

そのことを考えると、今回の臨床試験論文は重要だと思います。

さらに長期の経過報告を是非発表してほしいと期待しています。


うつ病治療についての最近のもう一つのトピックスは、

麻酔剤ケタミンの高い治療効果の発見です。

基礎研究からケタミンとTMSには共通の標的過程があることがわかっており、

共に新しい治療方向を示してくれているように思えます。

私はこの分野の素人ですが、ケタミン、TMS、TBSが加わり、うつ病の治療が

いま大きく変わろうとしている予感を感じ、

この方向の臨床研究の進展に大きな期待を寄せています。西川伸一


<西川伸一> NPO法人オール・アバウト・サイエンスジャパン代表理事

1948年滋賀県生まれ。1973年京都大学医学部卒業。

7年医師として勤めた後、1980年ドイツ ケルン大学留学。

1987年熊本大学医学部教授、 1993年京都大学大学院医学研究科教授を歴任。

2000年理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター副センター長。

2013年、あらゆる公職を辞し、

NPO法人オール・アバウト・サイエンス・ジャパン代表理事として

様々な患者さん団体と協力して、

患者さんがもっと医療の前面で活躍する我が国にしたいと活動を行っている。
スポンサーサイト



気に入ったらシェア!

のぞみ
この記事を書いた人: のぞみ
<発症原因>
中学時にいたずらによる椅子引きで
尾骨を骨折する
原因不明の多彩な症状が現れ
寝たきり車椅子生活となる
ドクターショッピングを重ね
脳脊髄液減少症だと
診断確定したのは発症から10年後

<診断・検査・治療病院>
国際医療福祉大学熱海病院

<検査結果>
画像診断より
腰椎から複数の髄液ダダ漏れ
脳下垂・硬膜肥厚・静脈拡張
髄圧一桁・残存率一桁の所見あり
脳脊髄液減少症と診断確定

<再検査>
先進医療が実施され再検査の結果
胸椎からの髄液漏れ有り
診断基準に該当
脳脊髄液(漏出症)と診断確定

<病歴20年・治療後10年・男性>
ブラッドパッチ療法2回
アートセレブ(人工髄液)髄注1回

<治療経過>
発症から20年、治療から10年経過
診断前後の7年間は介助が必要な
寝たきり車椅子生活となりましたが
治療+自己流リハビリを重ねて
多彩な症状は消失しましたが
僅かな頭痛・倦怠感の残存症状があり
共存しながらも社会復帰に至りました
全完治まであと一歩です
新ガイドライン策定news(2018年12月~) (4)
ブラッドパッチ療法保険適用決定(2016年) (3)
┗  ブラッドパッチ療法保険適用 (2)
先進医療実施 診断基準(2012年) (1)
学校における脳脊髄液減少症(文部科学省) (1)
子どもの脳脊髄液減少症 (10)
起立性調節障害 (6)
体位性頻脈症候群(POTS) (5)
HSC(ハイリーセンシティブチャイルド) (3)
HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン) (1)
障害年金 (9)
交通事故損害(書籍) (1)
自賠責保険 (2)
マイナンバーカード (1)
脳脊髄液減少症(news) (30)
脳脊髄液減少症(研究) (7)
脳脊髄液減少症(患者) (36)
脳脊髄液減少症(芸能人) (4)
脳脊髄液 (21)
新型コロナウイルス (37)
新型コロナウイルス後遺症 (5)
宇宙飛行士と脳脊髄液の関連 (9)
脳神経 (16)
慢性硬膜下血腫 (2)
医療news (33)
医療機器 (7)
整骨院・整体院・カイロプラクティック事故 (1)
書籍 (4)
健康機器 (1)
サプリメント・健康食品 (7)
医薬品news (20)
┣  薬剤性ジストニア (1)
┣  ベンゾジアゼピン系受容体作動薬 (4)
┣  ベンゾジアゼピン離脱症候群 (1)
┣  リリカ(鎮痛薬) プレガバリン (3)
┣  デパス(向精神薬) (2)
┣  レンドルミン(睡眠薬) (1)
┣  モーラステープ(光線過敏症) (1)
┗  タリージェ(疼痛治療薬) (2)
社会news (8)
朝日 健康・医療フォーラム2019 (4)
脳脊髄液減少症の問題点 (7)
厚生労働省認可病院の現状 (1)
患者の体験による発症原因と症状 (5)
検査方法(熱海病院の参考例) (1)
保存的療法(初期段階治療) (1)
国際医療福祉大学熱海病院にて診断確定 (3)
ブラッドパッチ治療後の安静期間と始動 (2)
┗  ブラッドパッチ治療後の腰痛 (1)
ブラッドパッチ治療後の症状 (24)
アートセレブ(人工髄液)1回治療 (5)
経過観察と苦悩 (35)
心の葛藤 (11)
経済的困難の苦悩 (3)
生活不活発病(廃用症候群) (2)
┗  介護用品が必要となった日常生活 (1)
リハビリ(前半) (14)
リハビリ(後半) (10)
リハビリのまとめ(完結) (1)
リハビリ+α (10)
社会復帰への第一歩 (1)
運動リハビリ(運動療法) (16)
┣  家事はリハビリに最適 (1)
┣  水中ウォーキングの注意点 (1)
┣  イメージトレーニング (1)
┣  体幹スロートレーニング (1)
┣  セロトニン分泌(リズム運動) (2)
┣  エンドルフィン分泌(音楽療法) (2)
┣  デュアルタスク(脳疲労) (1)
┣  体水分循環(頭痛・疲労倦怠感・むくみ) (1)
┣  インターバル速歩(脳疲労・疲労倦怠感) (1)
┣  スロージョギング (1)
┗  ヨガ・太極拳 (3)
サプリメントより食事内容(質)の大切さ (12)
┣  食事療法(アミノ酸・たんぱく質) (2)
┣  アミノ酸・炭酸水・クエン酸・ミネラル (2)
┣  腸内細菌(脳腸相関) (3)
┣  下痢(食事療法・運動) (2)
┣  イミダペプチド(抗疲労効果) (1)
┗  乾燥生姜(体の痛み・冷え症) (1)
糖質制限 (2)
口腔アレルギー症候群(OAS) (1)
サプリメント情報(脳脊髄液減少症) (4)
水分補給・脱水 (9)
カフェイン・アルコール (3)
五苓散の利水効果 (1)
パソプレッシンホルモン(尿量の調整) (1)
天気・気圧・湿度の影響 (8)
気象病・天気痛 (5)
花粉症 (4)
┣  光線過敏症 (1)
┗  寒暖差アレルギー (1)
化学物質過敏症・電磁波過敏症 (7)
慢性連日性頭痛・目の奥の痛み (9)
起立性頭痛 (2)
片頭痛 (8)
労作性頭痛 (1)
耳の冷えによる機能性頭痛 (1)
後頭部と耳の後ろが痛い大後頭神経痛 (1)
頭部アロディニア (2)
┗  頭部抜け毛・白髪・皮膚乾燥 (1)
ベル麻痺 (1)
石灰化上皮腫 (1)
自律神経 (5)
動悸・手の振るえ(振戦)チック症状  (2)
心臓・動脈硬化・スモールハート (1)
高血圧 (3)
微熱・悪寒・高熱 (1)
冷え性・体温調節機能・汗腺機能 (6)
疲労・倦怠感・易疲労 (5)
脳疲労・ブレインフォグ (9)
睡眠障害 (9)
睡眠相後退(前進)症候群 (1)
不眠・過眠・ナルコレプシー(オレキシン) (9)
むずむず脚症候群 (1)
高次脳・視空間認知力低下 (1)
めまい・吐き気・動悸 (4)
眼前暗黒感のめまい (1)
光過敏・複視・霧視・残像・視力低下 (2)
緑内障 (6)
加齢黄斑変性 (2)
目の不調は脳が原因 (12)
┣  眼瞼・顔面けいれん (1)
┣  眼球使用困難症 (2)
┣  中枢性羞明 (3)
┗  アーレン症候群 (2)
聴覚過敏・車酔いとめまい (1)
耳鳴り (4)
耳菅開放症 (2)
外リンパ瘻 (2)
メニエール病 「中耳加圧治療」 (2)
APD・聴覚情報処理障害 (1)
鼻詰まり (1)
味覚 (1)
嚥下障害 (1)
非歯原性歯痛 (1)
口内炎・ヘルペス・口角炎・味覚障害 (2)
歯肉炎・親知らず抜歯・ドライマウス (1)
顔のしびれ (1)
顎関節症・三叉神経痛・噛み締め (2)
慢性上咽頭炎・EAT(上咽頭擦過療法) (2)
咽頭痛・異物感・息苦しさ・期外収縮不整脈 (1)
リンパ扁桃腺の腫れ・下顎と首のしこり (1)
長引く咳・むせる咳・咳喘息との関連 (2)
甲状腺機能亢進症(別名バセドウ病) (1)
帯状疱疹 (1)
座位・起立・労作不耐・末梢神経障害 (1)
胸郭出口症候群 (3)
梨状筋症候群 (2)
頚椎症・ストレートネック (1)
肩・肩甲骨・背中・手足の痛み (4)
トゥレット症候群と不随意運動 (1)
血糖値上昇 (2)
反応性低血糖症 (1)
副腎疲労/副腎疲労症候群 (1)
IgG抗体検査に関する注意喚起 (1)
胃痛・胃液逆流・下痢 (1)
機能性ディスペプシア (2)
過敏性腸症候群(IBS) (2)
潰瘍性大腸炎(UC) (3)
頻尿・膀胱炎 (3)
┣  ED症状 (1)
┗  女性化乳房症(男性) (1)
無痛分娩・帝王切開(硬膜外麻酔) (4)
┣  月経前不快気分障害「PMDD」 (1)
┣  PTSDと腸内細菌 (1)
┗  HPVワクチン (1)
パニック障害 (1)
うつ病・抑うつ状態 (6)
経頭蓋磁場刺激法(TMS) (3)
反復経頭蓋磁気刺激(rTMS) (5)
経頭蓋直流刺激(tDCS) (1)
むち打ち症 (3)
高次脳機能障害 (6)
軽度外傷性脳損傷 (12)
外傷性脳損傷 (4)
遅発性脳障害 (1)
筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群 (55)
小児の慢性疲労症候群 (1)
カルニチン欠乏症 (2)
筋痛性脳脊髄炎/線維筋痛症 (42)
慢性疼痛 (10)
腰痛(慢性痛) (2)
神経障害性疼痛 (7)
複合性局所疼痛症候群(CRPS) (2)
神経疾患(脊磁計) (1)
脊髄刺激療法(SCS) (2)
筋筋膜性疼痛症候群(MPS) (1)
強直性脊椎炎(AS) (10)
筋萎縮性側索硬化症(ALS) (3)
椎間板ヘルニア (1)
パーキンソン病 (3)
認知症・認知障害・アルツハイマー病 (8)
ヘルプマーク (3)
不定愁訴 (5)
インフルエンザ (1)
ドクターショッピング(一部のみ) (8)
コメント受付中断のお知らせ (2)
プライベート (5)
ひとりごと (4)
12月は自分の生き方を振り返る (4)
命とは生きるとは (6)
年末・年始の感謝とご挨拶 (12)
ごあいさつ (1)