【うつの最新治療】磁気で脳を刺激する rTMS(反復経頭蓋磁気刺激)療法とは?

2019年03月31日
反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)
miyazakihakodateDSCF9989-2_TP_V4.jpg

薬物療法の効果が見られないうつ病の患者さんに対して、
より簡便かつ安全な治療法として期待されている
rTMS(反復経頭蓋磁気刺激)に関するニュースです

詳細は、下記のリンク先をご覧下さい。



【うつの最新治療】磁気で脳を刺激する「rTMS療法」とは?
2019年3月28日 エキサイトニュース
https://www.excite.co.jp/news/article/TokusengaiWeb_17252605/

うつ病は「気の持ちよう」などではなく、脳内での情報伝達に問題が生じて起こる病気です。

薬物療法の効果が見られないうつ病の患者さんに対して、

電気刺激に代わり、より簡便かつ安全な治療法として期待されているのが、

「rTMS(反復経頭蓋磁気刺激)」です。

解説者のプロフィール
【解説】鬼頭伸輔(東京慈恵会医科大学准教授)


従来の電気けいれん療法よりも安全で簡便な治療

うつ病は現在、国内の患者数が100万人を超えるとされており、

誰もがなる可能性のある病気です。


休養やカウンセリング、心理療法などに加え、薬物療法が治療の中心となりますが、

薬の効果が現れない患者さんが3割もいるといいます。

そうした患者さんに有効な手段と期待されているのが、

磁気で脳を刺激する「rTMS(反復経頭蓋磁気刺激)療法」です。


すでに欧米では、うつ病の一般的な治療として普及しており、

日本でも2017年に薬事承認され、間もなく健康保険の適用になる見込みです。

日本でいち早くrTMSに注目し、研究を進めてきた

東京慈恵会医科大学の鬼頭伸輔准教授に詳しいお話をうかがいました。

取材・文]医療ジャーナリスト 山本太郎


──日本国内でのうつ病の現況は、どのようなものでしょうか?

鬼頭 ご存じのように、うつ病は精神疾患の中でも非常に多い病気です。

日本では、現在、人口の7%くらいの人が生涯で一度はうつ病にかかると推計されています。


日本うつ病学会の治療ガイドラインでは、

症状が「中等症以上」の患者さんには薬物療法を行うことを推奨しています。


中等症以上とは、うつ病の症状で日常生活を送ることが困難になったり、

自殺の気持ちが強くなったりするケースをいいます。

なお、うつ病の症状はあるものの、仕事や家事はなんとかこなせて、

ある程度は生活が成り立っているようなケースは「軽症」になります。


薬物療法を受けた患者さんのうち、3分の2くらいの人には改善が見られます。

けれど残念ながら、残り3分の1の人は、複数の薬を使用しても、

目立った効果が見られません。


薬物療法の効果がない患者さんをどう治療するかといえば、

従来は「電気けいれん療法」しか方法がありませんでした。


──電気けいれん療法とは?

鬼頭 頭部に電極をつけて電流を流し、脳に「けいれん」を誘発することで、

脳の機能を回復させようとする治療法です。


うつ病は「気の持ちよう」などではなく、

脳内での情報伝達に問題が生じて起こる病気です。

そして、脳は電気信号で情報を伝達しています。


例えば、脳のある領域を電流で刺激すると手が勝手に動いたり、

視覚にかかわる領域を刺激すると目を閉じていても光が見えたりすることが、

昔からわかっていました。


そこで、電気刺激を応用すれば、

うつ病など精神疾患の治療に役立つのではないかと考案されたのが、

電気けいれん療法です。


1930年代から実施されていて、うつ病やそううつ病、統合失調症などに

高い治療効果があることが知られています。


ただ、昔の電気けいれん療法は副作用の強いものでした。

通電による痛みや恐怖を伴う上、けいれんした手足があちこちにぶつかり、

骨折してしまうなどの事故もありました。

そこで現在は、あらかじめ麻酔薬と筋弛緩薬を用いて、

危険性を軽減した方法が行われています。

重症度が高く、薬物療法の効果が見られない患者さんに対して、

本人や家族の同意を得て、実施されます。


ただ、それでも記憶障害(物忘れ)の副作用が出ることがあり、

高齢者への実施はためらわれます。

また、麻酔などの前処置や治療後の事故を防ぐために、

一定期間の入院治療となります。

外来で簡便にできる治療ではないのです。


そうした中、薬物療法の効果が見られないうつ病の患者さんに対して、

より簡便かつ安全な治療法として期待されているのが、

「rTMS(repetitive Trans-cranial Magnetic Stimulation=反復経頭蓋磁気刺激)」です。

米国や欧州では、すでにうつ病の一般的な治療選択肢の一つになっています。


──rTMSは、どんな治療なのですか?

鬼頭 磁場を発生するコイル装置を頭部に近づけ、

磁気によって脳を刺激する治療法です(下写真参照)。


「8」の字形をしたコイルに瞬間的に電流を流すことで磁場が形成され、

それに伴って生じる誘導電流が、脳の神経細胞間をつないで

情報を伝える突起(軸索)を刺激すると考えられています。


このコイル装置(TMS)は、もともと脳や神経の検査に用いられていました。

例えば、脳の特定の領域を刺激すると特定の筋肉が反応して動きますが、

その反応が悪い場合に、信号を伝える神経に異常があるのではないか、

といったことを調べるわけです。

そして、データの集積によって、どんな刺激を加えると

脳活動にどんな影響が現れるかが明らかになってきました。


具体的には、10~20㎐の高頻度刺激を加えると脳の興奮性が促進され、

1㎐の低頻度刺激は反対に興奮性を抑制することがわかってきたのです。

そうした研究から、精神疾患の治療にも応用されるようになったというわけです。


磁場を発生するコイル装置を頭部に近づけ、

らくに座った状態で1回につき40分ほどの刺激を受ける

[画像提供/鬼頭伸輔先生(東京慈恵会医科大学)]


麻酔や入院が不要で外来への通院で済む

rTMSの抗うつ効果は、二重盲検法(治験を行う者も被験者も、

実施する治療法の性質を知らされずに行う方法)による複数の臨床試験から実証されています。


最近では、薬では効果が出ない患者さん14名を対象に、

薬と併用で4~6週間のrTMSを実施する臨床試験を行いました。


その結果、寛解した(うつ病の症状がほとんどなくなった)患者さんの割合が35.7%でした。

諸外国での試験成績もだいたい同程度で、3~4割の患者さんに寛解が認められています。


寛解率が3~4割と聞くと、あまり高くないように思われるかもしれませんが、

実はかなり有効性が高いといえます。


先ほど、薬物治療の効果が現れない患者さんが3割程度いるとお話ししました。

そういう場合、一般に薬の種類を変えるのですが、

2種類めで効果が出ない人の寛解率は十数%、

3種類めで7%、4種類めになると4%まで低下してしまいます。

それと比較すると10倍ほどの寛解率ですから、薬が効かない人の「次の一手」として期待は大きいのです。


rTMSによる治療効果は、次のように説明されています。

うつ病患者さんは、脳の背外側前頭前野という領域の活動が低下します。

注意力や物事を遂行する力にかかわっている領域で、その活動が低下すると

「頭が働かなくなる」「仕事の能率が下がる」といった症状が現れると考えられます。


一方、うつ病患者さんの脳では辺縁系の活動が過剰になります。

辺縁系は「古い脳」といわれることもありますが、情動(感情の動き)に深くかかわっています。


感情の動きが強くなる一方、それを理性的にコントロールする背外側前頭前野の働きが弱まり、

悲観的な考えやゆううつな気持ちが強まると考えられています。

rTMSで低下していた背外側前頭前野の活動を高めると、このバランスが回復し、

症状の改善に役立つというわけです。


《「rTMS療法」の仕組み》


──実際の治療はどのように行われるのでしょうか?

鬼頭 rTMSは、入院が必要な電気けいれん療法と異なり、

外来への通院でも行うことができます。


1回の治療にかかる時間は40分程度。座ってらくにしてもらい、磁気刺激を受けていただきます。

海外では患者さんが映画を観たり、音楽を聴いたりしながら治療を受けるケースもあります。


副作用として、刺激部位に軽い痛みや不快感を覚えることがありますが、

すぐに慣れ、気にならなくなる人がほとんどです。

「痛くて治療が受けられない」ということは、ほぼないでしょう。

ごくまれに、けいれん発作が起こることがありますが、その頻度は0.1%未満です。

標準的な治療では週に5回、4~6週間にわたって実施しますが、

早い人では2週めくらいから改善効果が現れてきます。


患者さんからは「気分がすっきりした」「ゆううつな感じが減った」

「集中力が出てきた」といった声がよく聞かれます。

普段は自宅と病院の往復だけだった人が

「通院の帰り道、ふと本屋に寄ってみる気になった」など意欲が出てくることもあります。


症例をご紹介しましょう。

40代の男性Aさんは10年ほど前にうつ病を発症して以来、これまでも何度か再発し、

薬物療法を受けてきたそうです。

しかし、今回は薬を2種類、3種類と変えても効果がなく、電気けいれん療法を勧められたものの、

入院治療には抵抗感があるとのことでした。

「頭が働かない。体もだるい。趣味にもまったく意欲がわかない」といった症状を訴えていました。


rTMS実施したところ、2週間ほどで「気分がよくなり、スッキリする。

頭にかかっていたベールが取れたようです」と言われました。

さらに数日後には「治療直後だけでなく、調子のいい状態が続いています。

意欲も出てきました」とのことでした。

5週間が経過した時点で寛解に至り、無事にお仕事にも復帰されました。


《「rTMS」による脳の血流量の変化》

左:濃く写っている部分は、脳の血流が通常よりも低下していることを示す
右:影の部分が減り脳の血流量が回復しているのがわかる
[画像引用/Kito et al., J ECT 2011;27: e12‐e14]


──rTMSによって「薬を飲まなくてもよくなる」というケースもあるのでしょうか?

鬼頭 rTMSは薬物療法の効果が見られない患者さんに行うわけですが、

実際のところ、多くの場合は薬と併用して治療を行います。


薬とrTMSとの併用では副作用が出にくい

なぜかというと、日本国内でrTMSを健康保険で用いてよいのは、

「うつ病の〝うつ状態〟に対してのみ」となっているためです。

治療によって「うつ状態」がすっかりよくなったら、rTMSは無駄に継続せずに終了して、

あとは薬を飲んで再発予防するというのが基本的な方針です。


うつ病の薬物療法では、違う種類の薬を多剤併用すると、副作用が現れやすくなります。

けれど、薬とrTMSの場合は、併用しても副作用が強く出る心配はありません。

そういう面からも併用が推奨されます。


なお、rTMSを受ける前には薬の種類はできるだけ少なくし、

うつ病の症状が改善したら、さらに必要最低限の量に減らします。

特に、うつ病の発症が初めての人で、寛解と判断できれば、その時点で薬もやめ、

治療終了となることもありえます。


──rTMSによる治療は今後、気軽に受けられるようになるでしょうか?

鬼頭 これまでrTMSが受けられるのは大学病院の臨床研究か、

自由診療で行っているクリニックなどに限られていました。

しかし、間もなく健康保険の適用になる見込みです。

そうなれば一気に普及が進むでしょう。


ただし注意したいのは、そもそもrTMSによる治療が適切かどうか、

きちんと見極める必要があるということです。

例えば、重症度の高いうつ病では幻覚や妄想の症状を伴うことがありますが、

こうしたケースではrTMSはあまり効果がないことがわかっています。


rTMSについては、日本精神神経学会が適正使用指針を作成し、

医療関係者向けの講習会を行っています。

きちんと講習会を受講した医師の下で治療を受けることが望ましいといえるでしょう


なお、現時点ではrTMSはそううつ病には適応になっていません。

けれども、おそらくそううつ病にも有効だろうと考えられます。

私たちは、来年ぐらいからそううつ病に対する臨床試験を開始しようと、

今、準備しているところです。

この記事は『安心』2019年1月号に掲載されています。
スポンサーサイト



気に入ったらシェア!

のぞみ
この記事を書いた人: のぞみ
<発症原因>
中学時にいたずらによる椅子引きで
尾骨を骨折する
原因不明の多彩な症状が現れ
寝たきり車椅子生活となる
ドクターショッピングを重ね
脳脊髄液減少症だと
診断確定したのは発症から10年後

<診断・検査・治療病院>
国際医療福祉大学熱海病院

<検査結果>
画像診断より
腰椎から複数の髄液ダダ漏れ
脳下垂・硬膜肥厚・静脈拡張
髄圧一桁・残存率一桁の所見あり
脳脊髄液減少症と診断確定

<再検査>
先進医療が実施され再検査の結果
胸椎からの髄液漏れ有り
診断基準に該当
脳脊髄液(漏出症)と診断確定

<病歴20年・治療後10年・男性>
ブラッドパッチ療法2回
アートセレブ(人工髄液)髄注1回

<治療経過>
発症から20年、治療から10年経過
診断前後の7年間は介助が必要な
寝たきり車椅子生活となりましたが
治療+自己流リハビリを重ねて
多彩な症状は消失しましたが
僅かな頭痛・倦怠感の残存症状があり
共存しながらも社会復帰に至りました
全完治まであと一歩です
新ガイドライン策定news(2018年12月~) (4)
ブラッドパッチ療法保険適用決定(2016年) (3)
┗  ブラッドパッチ療法保険適用 (2)
先進医療実施 診断基準(2012年) (1)
学校における脳脊髄液減少症(文部科学省) (1)
子どもの脳脊髄液減少症 (10)
起立性調節障害 (6)
体位性頻脈症候群(POTS) (5)
HSC(ハイリーセンシティブチャイルド) (3)
HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン) (1)
障害年金 (9)
交通事故損害(書籍) (1)
自賠責保険 (2)
マイナンバーカード (1)
脳脊髄液減少症(news) (30)
脳脊髄液減少症(研究) (7)
脳脊髄液減少症(患者) (36)
脳脊髄液減少症(芸能人) (4)
脳脊髄液 (21)
新型コロナウイルス (37)
新型コロナウイルス後遺症 (5)
宇宙飛行士と脳脊髄液の関連 (9)
脳神経 (16)
慢性硬膜下血腫 (2)
医療news (33)
医療機器 (7)
整骨院・整体院・カイロプラクティック事故 (1)
書籍 (4)
健康機器 (1)
サプリメント・健康食品 (7)
医薬品news (20)
┣  薬剤性ジストニア (1)
┣  ベンゾジアゼピン系受容体作動薬 (4)
┣  ベンゾジアゼピン離脱症候群 (1)
┣  リリカ(鎮痛薬) プレガバリン (3)
┣  デパス(向精神薬) (2)
┣  レンドルミン(睡眠薬) (1)
┣  モーラステープ(光線過敏症) (1)
┗  タリージェ(疼痛治療薬) (2)
社会news (8)
朝日 健康・医療フォーラム2019 (4)
脳脊髄液減少症の問題点 (7)
厚生労働省認可病院の現状 (1)
患者の体験による発症原因と症状 (5)
検査方法(熱海病院の参考例) (1)
保存的療法(初期段階治療) (1)
国際医療福祉大学熱海病院にて診断確定 (3)
ブラッドパッチ治療後の安静期間と始動 (2)
┗  ブラッドパッチ治療後の腰痛 (1)
ブラッドパッチ治療後の症状 (24)
アートセレブ(人工髄液)1回治療 (5)
経過観察と苦悩 (35)
心の葛藤 (11)
経済的困難の苦悩 (3)
生活不活発病(廃用症候群) (2)
┗  介護用品が必要となった日常生活 (1)
リハビリ(前半) (14)
リハビリ(後半) (10)
リハビリのまとめ(完結) (1)
リハビリ+α (10)
社会復帰への第一歩 (1)
運動リハビリ(運動療法) (16)
┣  家事はリハビリに最適 (1)
┣  水中ウォーキングの注意点 (1)
┣  イメージトレーニング (1)
┣  体幹スロートレーニング (1)
┣  セロトニン分泌(リズム運動) (2)
┣  エンドルフィン分泌(音楽療法) (2)
┣  デュアルタスク(脳疲労) (1)
┣  体水分循環(頭痛・疲労倦怠感・むくみ) (1)
┣  インターバル速歩(脳疲労・疲労倦怠感) (1)
┣  スロージョギング (1)
┗  ヨガ・太極拳 (3)
サプリメントより食事内容(質)の大切さ (12)
┣  食事療法(アミノ酸・たんぱく質) (2)
┣  アミノ酸・炭酸水・クエン酸・ミネラル (2)
┣  腸内細菌(脳腸相関) (3)
┣  下痢(食事療法・運動) (2)
┣  イミダペプチド(抗疲労効果) (1)
┗  乾燥生姜(体の痛み・冷え症) (1)
糖質制限 (2)
口腔アレルギー症候群(OAS) (1)
サプリメント情報(脳脊髄液減少症) (4)
水分補給・脱水 (9)
カフェイン・アルコール (3)
五苓散の利水効果 (1)
パソプレッシンホルモン(尿量の調整) (1)
天気・気圧・湿度の影響 (8)
気象病・天気痛 (5)
花粉症 (4)
┣  光線過敏症 (1)
┗  寒暖差アレルギー (1)
化学物質過敏症・電磁波過敏症 (7)
慢性連日性頭痛・目の奥の痛み (9)
起立性頭痛 (2)
片頭痛 (8)
労作性頭痛 (1)
耳の冷えによる機能性頭痛 (1)
後頭部と耳の後ろが痛い大後頭神経痛 (1)
頭部アロディニア (2)
┗  頭部抜け毛・白髪・皮膚乾燥 (1)
ベル麻痺 (1)
石灰化上皮腫 (1)
自律神経 (5)
動悸・手の振るえ(振戦)チック症状  (2)
心臓・動脈硬化・スモールハート (1)
高血圧 (3)
微熱・悪寒・高熱 (1)
冷え性・体温調節機能・汗腺機能 (6)
疲労・倦怠感・易疲労 (5)
脳疲労・ブレインフォグ (9)
睡眠障害 (9)
睡眠相後退(前進)症候群 (1)
不眠・過眠・ナルコレプシー(オレキシン) (9)
むずむず脚症候群 (1)
高次脳・視空間認知力低下 (1)
めまい・吐き気・動悸 (4)
眼前暗黒感のめまい (1)
光過敏・複視・霧視・残像・視力低下 (2)
緑内障 (6)
加齢黄斑変性 (2)
目の不調は脳が原因 (12)
┣  眼瞼・顔面けいれん (1)
┣  眼球使用困難症 (2)
┣  中枢性羞明 (3)
┗  アーレン症候群 (2)
聴覚過敏・車酔いとめまい (1)
耳鳴り (4)
耳菅開放症 (2)
外リンパ瘻 (2)
メニエール病 「中耳加圧治療」 (2)
APD・聴覚情報処理障害 (1)
鼻詰まり (1)
味覚 (1)
嚥下障害 (1)
非歯原性歯痛 (1)
口内炎・ヘルペス・口角炎・味覚障害 (2)
歯肉炎・親知らず抜歯・ドライマウス (1)
顔のしびれ (1)
顎関節症・三叉神経痛・噛み締め (2)
慢性上咽頭炎・EAT(上咽頭擦過療法) (2)
咽頭痛・異物感・息苦しさ・期外収縮不整脈 (1)
リンパ扁桃腺の腫れ・下顎と首のしこり (1)
長引く咳・むせる咳・咳喘息との関連 (2)
甲状腺機能亢進症(別名バセドウ病) (1)
帯状疱疹 (1)
座位・起立・労作不耐・末梢神経障害 (1)
胸郭出口症候群 (3)
梨状筋症候群 (2)
頚椎症・ストレートネック (1)
肩・肩甲骨・背中・手足の痛み (4)
トゥレット症候群と不随意運動 (1)
血糖値上昇 (2)
反応性低血糖症 (1)
副腎疲労/副腎疲労症候群 (1)
IgG抗体検査に関する注意喚起 (1)
胃痛・胃液逆流・下痢 (1)
機能性ディスペプシア (2)
過敏性腸症候群(IBS) (2)
潰瘍性大腸炎(UC) (3)
頻尿・膀胱炎 (3)
┣  ED症状 (1)
┗  女性化乳房症(男性) (1)
無痛分娩・帝王切開(硬膜外麻酔) (4)
┣  月経前不快気分障害「PMDD」 (1)
┣  PTSDと腸内細菌 (1)
┗  HPVワクチン (1)
パニック障害 (1)
うつ病・抑うつ状態 (6)
経頭蓋磁場刺激法(TMS) (3)
反復経頭蓋磁気刺激(rTMS) (5)
経頭蓋直流刺激(tDCS) (1)
むち打ち症 (3)
高次脳機能障害 (6)
軽度外傷性脳損傷 (12)
外傷性脳損傷 (4)
遅発性脳障害 (1)
筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群 (55)
小児の慢性疲労症候群 (1)
カルニチン欠乏症 (2)
筋痛性脳脊髄炎/線維筋痛症 (42)
慢性疼痛 (10)
腰痛(慢性痛) (2)
神経障害性疼痛 (7)
複合性局所疼痛症候群(CRPS) (2)
神経疾患(脊磁計) (1)
脊髄刺激療法(SCS) (2)
筋筋膜性疼痛症候群(MPS) (1)
強直性脊椎炎(AS) (10)
筋萎縮性側索硬化症(ALS) (3)
椎間板ヘルニア (1)
パーキンソン病 (3)
認知症・認知障害・アルツハイマー病 (8)
ヘルプマーク (3)
不定愁訴 (5)
インフルエンザ (1)
ドクターショッピング(一部のみ) (8)
コメント受付中断のお知らせ (2)
プライベート (5)
ひとりごと (4)
12月は自分の生き方を振り返る (4)
命とは生きるとは (6)
年末・年始の感謝とご挨拶 (12)
ごあいさつ (1)