腰痛治療のための「薬と運動」が逆効果になってしまうことが多い理由

2019年04月20日
腰痛(慢性痛)
018ELLY18420_TP_V4.jpg

服薬と運動は、腰痛治療の重大な柱だが、使い方を誤れば害になる。
慢性痛の治療に薬を慢性的に出すのはアウト「デパス」「リリカ」「サインバルタ」
運動療法はその人に合った運動を指導しなくてはなりません。
治療のために飲んでいる薬や運動が逆効果になっている場合があります。

腰痛治療のための「薬と運動」が逆効果になってしまうことが多い理由
2019.4.19 ダイヤモンド・オンライン
https://diamond.jp/articles/-/200227

腰痛治療のため、医者の言うとおりに薬を飲んだり、運動したりしているのに少しも良くならない。
むしろ悪化した。という患者は少なくない。
どうしてそんなことが起こるのか。
「慢性痛」の名医として知られる横浜市立大学付属市民総合医療センター
ペインクリニックの北原雅樹教授が解説する。(医療ジャーナリスト 木原洋美)

治療のために飲んでいる薬や運動が「逆効果」
「病院に通っているのに全然よくならない。むしろ悪化してしまった」
痛み治療の第一人者、北原雅樹教授のもとには、そんな腰痛患者も多数訪れる。
原因は当然さまざまだが、意外と多いのが、
治療のために飲んでいる薬や運動が逆効果になっている例だという。
2つの症例をご紹介する。

【症例1】
60代後半の女性。「原因不明」の腰下肢痛で受診。

最初に行った整形外科で原因不明と言われ、心療内科を紹介されたが、
やはり原因は分からず。
次に訪れた整形外科では「頚椎症、腰痛症」に効果があるとされている
デパスという抗不安薬・睡眠導入剤を処方された。

デパスを飲むと痛みが楽になったことから、増量。
1年以上にわたり、1日6錠ずつ服用した。

しかし結局、痛みは治らなかった。北原教授は言う。

「本人に、『デパスを服用してみてどうでした』と尋ねると、
『物覚えが少し悪くなった気がする』と言いました。
でもご主人に確かめると、少しどころではありませんでした。

物忘れがひどくなり、日中もボーっとしている感じで表情も硬くなってしまったそうです。
認知症の症状ですよね。

デパス、エチゾラムなどのベンゾジアゼピン系の薬は、
筋弛緩作用があるので高齢者が服用するとふらついて転倒するリスクがあります。
また、せん妄や認知症の発症率が高まることも分かっており、
日本老年医学会が作った『高齢者の安全な薬物療法ガイドライン』では、
特に慎重な投与を要する薬物だから
『高齢者には可能な限り使用を控えるべし』とされています」

診察の結果、
「廃用性症候群(生活不活発病ともいう。
安静状態が長期にわたって続くことで、さまざまな心身の機能低下等をきたす。
寝たきり状態でいることによって起こることが多い)」を疑った北原教授は、
簡単な運動療法と栄養指導を行うとともに、デパスを減らすことにした。

デパスも含むベンゾジアゼピン系は
服用を急に止めると「離脱症状」といって、薬で抑えていた症状が一気に悪化したり、
違う症状が出てきたりするので徐々に減らす必要がある。

「困ったことに、急な中断による退薬症状の怖さをわかっていない医師も一部にいます。
以前結構な量のベンゾジアゼピンを主治医が一気に中断してしまい、
それまで起こしたことがなかったパニック発作を起こした患者さんがいました。
『医師の指示に従って』いれば安心というわけではないのがもどかしいところです」(北原談)

6週間後、女性の腰痛はやや改善した程度だったが、
それ以上に本人は「頭がすっきりして集中力が出てきた」と語り、
夫は「物忘れが明らかに減り、ボーっとしていることもなくなり、
表情が明るくなった」と語った。

その後は運動療法と簡単な心理療法で、症状はすっかり改善。
デパスも1日0.5錠程度(2日に1回、1錠服用)に抑えられるようになった。

【症例2】
50代女性。腰痛と膝痛で来院。

身長153センチ、体重70キロでBMI(体重と身長の関係から肥満度を示す体格指数。
22の時に最も病気になりにくいとされている)が29を超えていたことから、
腰痛と膝痛の原因は明らかに肥満と考えられた。

治療には何よりも体重を減らすことが必要と考えた北原教授は、
IMSによるトリガーポイントの治療(*)と並行して、運動を勧めることにした。

ただし大きな問題があった。女性は運動習慣ゼロ。日頃全く運動をしないという。
そんな患者に、いきなり運動を勧めても、途方に暮れるのは目に見えていた。
かといって、張り切ってランニングでも始めれば、たちまち膝を故障してしまうだろう。
世の中には、健康のために始めたランニングで足腰を痛め、逆に不健康になる人が大勢いる。

では、ウォーキングならいいのかというと、そうでもないらしい。

歩くことが体にいいのは確かです。でも、ただ歩けばいいってものではない。
東京のサラリーマンは平均で1日に40分も歩いているそうですよ。
歩きさえすれば健康が維持できるのなら、
高血圧や糖尿病のサラリーマンはいなくなるはずです。

体にいい歩き方は案外難しいものですから、治療のために歩くなら、
理学療法士に指導してもらうべきです。

ウォーキング以外でも、運動療法はその人に合った運動を指導しなくてはなりません」

女性にウォーキングをさせることはリスクがあったため、北原教授は、
『ポールウォーキング』を勧めた。

ポールウォーキングとは、
ノルディックスキーのように両手に専用のポールを持ち、
正しい姿勢とバランスを保ちながら行うウォーキングのこと。i)
4本足歩行と同じようになるので安定性が高い
(痛い下半身をかばって歩容が崩れたり、過度の加重がかかって
膝などを傷めたりすることがないという面からも)、ii)
上体が起きるので景色(周り)が良く見え安全で楽しい、iii)
下半身だけでなく上半身(≒全身)の運動になる、iv)
杖と違って老人ぽくない(健康のために運動しているように見える)ので
使用する抵抗感が少ない、などの利点がある。
少し筋肉がついてくれば、腰や肩などの筋肉とバランスがとれるようになり、
いい歩き方につながる。

「痛みを訴える患者さんの多くが、身体に負荷をかける歩き方をしています。
特に女性は、ハイヒールを履くせいでしょう。
ひざが曲がっていたり、反り腰という状態になっていたりして、
腰の筋肉に負担がかかり、腰痛の原因になっています」

運動によって筋肉をつけ、いい歩き方ができるようになった女性は見事減量に成功し
腰痛からも膝痛からも解放された。
その後は旅行にも、必ず折り畳みのポールを持参するようになったという。

慢性痛の治療に薬を慢性的に出すのはアウト
服薬と運動は、腰痛治療の重大な柱だが、使い方を誤れば害になる。
それにもかかわらず、安易に用いる医師が多いことを北原教授は問題視している。

症例1では「デパス」を取り上げたが、痛みを訴える患者に対してよく処方される
リリカ」「サインバルタ」などの鎮痛剤は、軽度の認知障害につながる可能性があるのだ。

「このほか、睡眠剤、抗ヒスタミン剤、筋弛緩剤、胃腸薬などの薬は、
脳の働きをわずかずつ低下させていきます。
そうして軽度の認知障害が起こると、痛みに強くこだわったり、
意識が低下したり、生活が昼夜逆転してしまったりして、従来通りの社会生活を送ることが困難になり、
外出が減り、最悪の場合、寝たきりになってしまう。

筋肉を維持するためには、週1回、40分以上の運動が必要とされています。
健常者でも、寝たきりの状態に置かれれば、1日で0.5%程度、筋力が衰えます」

よかれと思って飲んだ薬で認知障害になり、運動ができなくなって痛みが増し、
さらに薬が増えて悪化する。
こんな負のスパイラルはごめん被りたい。
しかも、リリカに関して言えば、効果があるのは4人に1人。
サインバルタは6人に1人です。
まるでロシアンルーレットですよ。

慢性痛に効く薬は、基本ありません。治療薬ではないんです。そこを間違えてはいけない。

辛い痛みを和らげるために使うのはいいと思います。
でも、使い始めたら漫然と使うのではなく
治療目標を作ってここまで効果が見られなければやめるとか、
薬の量を増やすにしても無制限に増やすのではなく、
どのような状況まで増やすのかを決めるべきなんです。
そして効かなければ止める。

また、薬を服用してもらう場合にも、単純に痛みがあるから使うのではなく、
神経障害性の痛みがあるからリリカを使おうとか、
痛みの性質を見極めたうえで使わなくてはなりません。

獨協医科大学の山口重樹先生は、
『慢性痛だからといって、薬を慢性的に出す必要はない』と言っています。本当にそうです」

さらにもう1点、北原教授は声を大にして言いたいことがある。

それは、検査をしても原因が分からず、薬を投与しても治らない慢性痛の患者に対して
「あなたの痛みは、原因が分からないから心理的なものでしょう」と
突き放すのはいけないということだ。

「原因が分からない痛みは、原因が分からない痛みです。
患者さんは本当に、身体が痛いのです。
その痛みは、患者さんが頭の中で作り上げているものではありません。
それを、さも心理的な錯覚でもあるように言うのは間違いです。

人間には心があり、心と体はつながっています。
心と身体が分離したものであるような考え方では、慢性痛は診られません。

痛み医療が進んでいるアメリカでは、医師になるには全員が、
行動心理学を学ぶことになっています。
精神科と身体科が二分化されている日本とは大きな違いです」


悲しいかな、日本の慢性痛医療は、
薬や運動という基本的なところからして、遅れているようだ。
これでは、腰痛に悩む人も減らない。

「医師も、痛みに関するリテラシーを高めなければなりませんが、
同時に患者さんたちにもリテラシーを高めていただきたい。
それには、医師や病院、痛みに関する質のいい情報を求めること。

患者さんが、いい医師を選べるようになれば、医師も変わるはずです。
それが日本の痛み医療を変える、一番の近道です」
スポンサーサイト



気に入ったらシェア!

のぞみ
この記事を書いた人: のぞみ
<発症原因>
中学時にいたずらによる椅子引きで
尾骨を骨折する
原因不明の多彩な症状が現れ
寝たきり車椅子生活となる
ドクターショッピングを重ね
脳脊髄液減少症だと
診断確定したのは発症から10年後

<診断・検査・治療病院>
国際医療福祉大学熱海病院

<検査結果>
画像診断より
腰椎から複数の髄液ダダ漏れ
脳下垂・硬膜肥厚・静脈拡張
髄圧一桁・残存率一桁の所見あり
脳脊髄液減少症と診断確定

<再検査>
先進医療が実施され再検査の結果
胸椎からの髄液漏れ有り
診断基準に該当
脳脊髄液(漏出症)と診断確定

<病歴20年・治療後10年・男性>
ブラッドパッチ療法2回
アートセレブ(人工髄液)髄注1回

<治療経過>
発症から20年、治療から10年経過
診断前後の7年間は介助が必要な
寝たきり車椅子生活となりましたが
治療+自己流リハビリを重ねて
多彩な症状は消失しましたが
僅かな頭痛・倦怠感の残存症状があり
共存しながらも社会復帰に至りました
全完治まであと一歩です
新ガイドライン策定news(2018年12月~) (4)
ブラッドパッチ療法保険適用決定(2016年) (3)
┗  ブラッドパッチ療法保険適用 (2)
先進医療実施 診断基準(2012年) (1)
学校における脳脊髄液減少症(文部科学省) (1)
子どもの脳脊髄液減少症 (10)
起立性調節障害 (6)
体位性頻脈症候群(POTS) (5)
HSC(ハイリーセンシティブチャイルド) (3)
HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン) (1)
障害年金 (9)
交通事故損害(書籍) (1)
自賠責保険 (2)
マイナンバーカード (1)
脳脊髄液減少症(news) (30)
脳脊髄液減少症(研究) (7)
脳脊髄液減少症(患者) (36)
脳脊髄液減少症(芸能人) (4)
脳脊髄液 (21)
新型コロナウイルス (37)
新型コロナウイルス後遺症 (5)
宇宙飛行士と脳脊髄液の関連 (9)
脳神経 (16)
慢性硬膜下血腫 (2)
医療news (33)
医療機器 (7)
整骨院・整体院・カイロプラクティック事故 (1)
書籍 (4)
健康機器 (1)
サプリメント・健康食品 (7)
医薬品news (20)
┣  薬剤性ジストニア (1)
┣  ベンゾジアゼピン系受容体作動薬 (4)
┣  ベンゾジアゼピン離脱症候群 (1)
┣  リリカ(鎮痛薬) プレガバリン (3)
┣  デパス(向精神薬) (2)
┣  レンドルミン(睡眠薬) (1)
┣  モーラステープ(光線過敏症) (1)
┗  タリージェ(疼痛治療薬) (2)
社会news (8)
朝日 健康・医療フォーラム2019 (4)
脳脊髄液減少症の問題点 (7)
厚生労働省認可病院の現状 (1)
患者の体験による発症原因と症状 (5)
検査方法(熱海病院の参考例) (1)
保存的療法(初期段階治療) (1)
国際医療福祉大学熱海病院にて診断確定 (3)
ブラッドパッチ治療後の安静期間と始動 (2)
┗  ブラッドパッチ治療後の腰痛 (1)
ブラッドパッチ治療後の症状 (24)
アートセレブ(人工髄液)1回治療 (5)
経過観察と苦悩 (35)
心の葛藤 (11)
経済的困難の苦悩 (3)
生活不活発病(廃用症候群) (2)
┗  介護用品が必要となった日常生活 (1)
リハビリ(前半) (14)
リハビリ(後半) (10)
リハビリのまとめ(完結) (1)
リハビリ+α (10)
社会復帰への第一歩 (1)
運動リハビリ(運動療法) (16)
┣  家事はリハビリに最適 (1)
┣  水中ウォーキングの注意点 (1)
┣  イメージトレーニング (1)
┣  体幹スロートレーニング (1)
┣  セロトニン分泌(リズム運動) (2)
┣  エンドルフィン分泌(音楽療法) (2)
┣  デュアルタスク(脳疲労) (1)
┣  体水分循環(頭痛・疲労倦怠感・むくみ) (1)
┣  インターバル速歩(脳疲労・疲労倦怠感) (1)
┣  スロージョギング (1)
┗  ヨガ・太極拳 (3)
サプリメントより食事内容(質)の大切さ (12)
┣  食事療法(アミノ酸・たんぱく質) (2)
┣  アミノ酸・炭酸水・クエン酸・ミネラル (2)
┣  腸内細菌(脳腸相関) (3)
┣  下痢(食事療法・運動) (2)
┣  イミダペプチド(抗疲労効果) (1)
┗  乾燥生姜(体の痛み・冷え症) (1)
糖質制限 (2)
口腔アレルギー症候群(OAS) (1)
サプリメント情報(脳脊髄液減少症) (4)
水分補給・脱水 (9)
カフェイン・アルコール (3)
五苓散の利水効果 (1)
パソプレッシンホルモン(尿量の調整) (1)
天気・気圧・湿度の影響 (8)
気象病・天気痛 (5)
花粉症 (4)
┣  光線過敏症 (1)
┗  寒暖差アレルギー (1)
化学物質過敏症・電磁波過敏症 (7)
慢性連日性頭痛・目の奥の痛み (9)
起立性頭痛 (2)
片頭痛 (8)
労作性頭痛 (1)
耳の冷えによる機能性頭痛 (1)
後頭部と耳の後ろが痛い大後頭神経痛 (1)
頭部アロディニア (2)
┗  頭部抜け毛・白髪・皮膚乾燥 (1)
ベル麻痺 (1)
石灰化上皮腫 (1)
自律神経 (5)
動悸・手の振るえ(振戦)チック症状  (2)
心臓・動脈硬化・スモールハート (1)
高血圧 (3)
微熱・悪寒・高熱 (1)
冷え性・体温調節機能・汗腺機能 (6)
疲労・倦怠感・易疲労 (5)
脳疲労・ブレインフォグ (9)
睡眠障害 (9)
睡眠相後退(前進)症候群 (1)
不眠・過眠・ナルコレプシー(オレキシン) (9)
むずむず脚症候群 (1)
高次脳・視空間認知力低下 (1)
めまい・吐き気・動悸 (4)
眼前暗黒感のめまい (1)
光過敏・複視・霧視・残像・視力低下 (2)
緑内障 (6)
加齢黄斑変性 (2)
目の不調は脳が原因 (12)
┣  眼瞼・顔面けいれん (1)
┣  眼球使用困難症 (2)
┣  中枢性羞明 (3)
┗  アーレン症候群 (2)
聴覚過敏・車酔いとめまい (1)
耳鳴り (4)
耳菅開放症 (2)
外リンパ瘻 (2)
メニエール病 「中耳加圧治療」 (2)
APD・聴覚情報処理障害 (1)
鼻詰まり (1)
味覚 (1)
嚥下障害 (1)
非歯原性歯痛 (1)
口内炎・ヘルペス・口角炎・味覚障害 (2)
歯肉炎・親知らず抜歯・ドライマウス (1)
顔のしびれ (1)
顎関節症・三叉神経痛・噛み締め (2)
慢性上咽頭炎・EAT(上咽頭擦過療法) (2)
咽頭痛・異物感・息苦しさ・期外収縮不整脈 (1)
リンパ扁桃腺の腫れ・下顎と首のしこり (1)
長引く咳・むせる咳・咳喘息との関連 (2)
甲状腺機能亢進症(別名バセドウ病) (1)
帯状疱疹 (1)
座位・起立・労作不耐・末梢神経障害 (1)
胸郭出口症候群 (3)
梨状筋症候群 (2)
頚椎症・ストレートネック (1)
肩・肩甲骨・背中・手足の痛み (4)
トゥレット症候群と不随意運動 (1)
血糖値上昇 (2)
反応性低血糖症 (1)
副腎疲労/副腎疲労症候群 (1)
IgG抗体検査に関する注意喚起 (1)
胃痛・胃液逆流・下痢 (1)
機能性ディスペプシア (2)
過敏性腸症候群(IBS) (2)
潰瘍性大腸炎(UC) (3)
頻尿・膀胱炎 (3)
┣  ED症状 (1)
┗  女性化乳房症(男性) (1)
無痛分娩・帝王切開(硬膜外麻酔) (4)
┣  月経前不快気分障害「PMDD」 (1)
┣  PTSDと腸内細菌 (1)
┗  HPVワクチン (1)
パニック障害 (1)
うつ病・抑うつ状態 (6)
経頭蓋磁場刺激法(TMS) (3)
反復経頭蓋磁気刺激(rTMS) (5)
経頭蓋直流刺激(tDCS) (1)
むち打ち症 (3)
高次脳機能障害 (6)
軽度外傷性脳損傷 (12)
外傷性脳損傷 (4)
遅発性脳障害 (1)
筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群 (55)
小児の慢性疲労症候群 (1)
カルニチン欠乏症 (2)
筋痛性脳脊髄炎/線維筋痛症 (42)
慢性疼痛 (10)
腰痛(慢性痛) (2)
神経障害性疼痛 (7)
複合性局所疼痛症候群(CRPS) (2)
神経疾患(脊磁計) (1)
脊髄刺激療法(SCS) (2)
筋筋膜性疼痛症候群(MPS) (1)
強直性脊椎炎(AS) (10)
筋萎縮性側索硬化症(ALS) (3)
椎間板ヘルニア (1)
パーキンソン病 (3)
認知症・認知障害・アルツハイマー病 (8)
ヘルプマーク (3)
不定愁訴 (5)
インフルエンザ (1)
ドクターショッピング(一部のみ) (8)
コメント受付中断のお知らせ (2)
プライベート (5)
ひとりごと (4)
12月は自分の生き方を振り返る (4)
命とは生きるとは (6)
年末・年始の感謝とご挨拶 (12)
ごあいさつ (1)